ニトリのインボックスに「おもちゃタグ」を付ける mama

c0360042_03364224.jpg


リビングと一続きになっている和室が我が家のおもちゃ部屋です。
長女が幼い頃に購入したニトリのカラーボックスに、
カテゴリ分けしたおもちゃたちを
同じくニトリで購入したインボックスに入れています。


関連リンク





c0360042_03192623.jpg


白で統一されて見た目はすっきり。
とはいえ何がどこに入っているか分かりにくい。

そこで、中身に何が入っているかを示す
「おもちゃタグ」を付けたいと思います。

幼稚園や児童館で見かける、アレです。



c0360042_03192814.jpg

下準備1として、ラミネートシールを100均で購入。



c0360042_03193060.jpg

下準備2として、箱の中身を写真で撮影します。
こちらはアクアビースのセット。
この作業を全てのボックスで行います。



c0360042_03193365.jpg

L版の写真用紙に2枚割り付けの印刷設定にして
写真を印刷します。
4枚の配置だと子供が見る時に小さい気がするので
2枚がちょうどいいかなと思い、今回は2枚ずつで印刷。



c0360042_03193428.jpg

写真の部分を切り抜きます。
ひたすら ちょきちょきちょきちょき…



c0360042_03193694.jpg

作業工程を撮影し忘れましたが、
先ほどのラミネートシートに切り抜いた写真を4枚ずつ乗せ
一気にラミネートします。
写真の外側を5mmくらい残してカッターで切り取ります
これで「おもちゃタグ」の出来上がり。



c0360042_03193821.jpg


裏側に両面テープを貼ります。
剥がれにくいように4辺全部に貼るのがいいかも。


この「おもちゃタグ」をインボックスに貼りつけます。



c0360042_03194044.jpg


こんな感じになりました。
ちょうどインボックスの下部分がラミネートした
写真のサイズとぴったり合ってます。
上の空いた部分にもテプラの9mmテープを利用して
文字でタグ付け。

文字が読めない時期はおもちゃタグを目印に、文字が読めるなら
テプラのタグを目印に、と両方できる仕様。




c0360042_03363457.jpg


同じことを全てのボックスに行いました。
先ほどの写真と比べると分かりやすさが段違いじゃないかなと
思います( *´艸`)



c0360042_03194136.jpg


カターボックスの左上の棚は
ドキュメントケースに収納したおもちゃたち。
こちらに入れています。



 ***************



「おもちゃタグ」の利点としては

  中に何が入っているか一目瞭然
    ↓
  目的のおもちゃが見つけやすい  
    ↓
  片付ける時に、カテゴリ分けしながら片付けられる
  遊びにきたお友達も片付けやすい



  文字も一緒に書いてある
   ↓
  文字も覚えてくれる…かな?(笑)



 ***************



小さいお子さんがいるお宅にはお勧めです♪

我が家も三女がまだカタカナを覚えていないので、
もう少しこの方法でやっていくつもりです。

それぞれのおもちゃの紹介については、また別の記事で。



[PR]
by housework45 | 2015-07-13 07:27 | 整理収納(おもちゃ・絵本) | Comments(2)
Commented by cozystylekobe at 2015-07-14 17:12
はじめまして。

この写真のラベル、すごい!
これ以上分かりやすいラベルはないっ!と思います。
Commented by housework45 at 2015-08-06 00:13
> cozystylekobeさん
返事が大変遅くなりました(ToT)
ラベルを褒めてくださってありがとうございます!
このラベルを付けてから、子供たちがアイロンビーズで
遊ぶ回数が格段に増えました。
正面から見て分かりやすいラベルは、やっぱりお勧めです。
<< 冷蔵庫の買い替えで悩む、悩む おもちゃの片付け >>