カテゴリ:整理収納(ハンドメイド資材)( 5 )

レインボールームの収納(仕切り付きケース)


こちらのブログにレインボールームの収納について検索して
見に来て下さる方が多いので、2016年6月現在のゴムの収納方法について
まとめてみました。リンク一覧は下記の通りです。

 ・レインボールームの収納(仕切り付ケース)←この記事です


c0360042_14360641.jpg


前回までの記事で単色のゴムは仕切り付ケースで収納してます、と
紹介しました。
ただ、仕切り付ケースもそのまま重ねて収納すると色が煩雑だったり
まとめて運ぼうとするとケースごと落としてしまいそうになったりしそうです。
そこで、今回はその仕切り付ケースをどのように収納しているか
御紹介します。



c0360042_14360878.jpg

使っているのはこれです。
別の場所で使用するのに購入した際、
何気なく仕切り付ケースを入れてみると
それが驚くほど仕切り付ケースとサイズがぴったりだったので、
思わず叫んでしまったほど(笑)

どのくらいぴったりだったかという写真がこちら。



c0360042_14361077.jpg

c0360042_14361410.jpg

仕切り付ケースがきちんと収まっているのが伝わるでしょうか?
特に横幅はほぼ同じなんです! 凄い凄すぎる!

自称 ジャストサイズマニア(隙間なく収納されているのが好き(笑))なので、
これほど綺麗に収まってくれるのは想像を超えて嬉しかったです。



c0360042_14361687.jpg

しかも、縦方向に1cm弱の隙間が空いているので、
そこに指を入れてケースをすぐに取り出すこともできます。
優秀すぎる…!



 ***************


c0360042_14361853.jpg

こちらはどうかな、と思って試してみました。


c0360042_14361951.jpg

仕切り付ケースを立てて収納したところ、
縦横両方向ともジャストサイズで収納することができました! 
仕切りケース6個は収納できそうなので、
ヘビーユーザー向けかも知れませんが(笑)


c0360042_14362375.jpg

縦がちゃんと収納できてますよ、の証拠です。
ほぼ同じ高さ。


 ***************

レインボールームのゴム類を収納する時は
仕切り付ケースに収納してから、ファインボックスに収めて
カラーボックスに収納するのをお勧めします。





本日は読んでいただきありがとうございました♪
また遊びに来てくださいね。


ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければ下の画像をクリックしていただけると嬉しいです(*'ω'*)
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ


にほんブログ村 子育てブログ 子育てライフへ


いつもありがとうございます♪



[PR]
by housework45 | 2015-07-07 14:58 | 整理収納(ハンドメイド資材) | Comments(2)

レインボールームの収納(Cクリップ)

こちらのブログにレインボールームの収納について検索して
見に来て下さる方が多いので、2016年6月現在のゴムの収納方法について
まとめてみました。リンク一覧は下記の通りです。

 ・レインボールームの収納(Cクリップ) ←この記事です

 ***************

c0360042_2213776.jpg

ゴムの収納記事にCクリップの収納を一緒に書くのもなー…、と思ったので分けました。

Cクリップですが、画像の通り使わなくなったミニサイズのタッパーに
入れて収納しています。
大体90mlのサイズのタッパーです。


とはいえ、最近は丸カンでブレスレットの両端を閉じる方法を
覚えてからはCクリップの出番が激減…。
ところがゴムは欲しいのでクリップは増えていくばかり。

有名な ice ice baby bracelet を思いついた方には頭が下がります。
大量のクリップをなんとか消化しようと試行錯誤されたんだろうなあ。


[PR]
by housework45 | 2015-06-09 06:01 | 整理収納(ハンドメイド資材) | Comments(0)

レインボールームの収納(ゴム収納の考え方)

こちらのブログにレインボールームの収納について検索して
見に来て下さる方が多いので、2016年6月現在のゴムの収納方法について
まとめてみました。リンク一覧は下記の通りです。

 ・レインボールームの収納(ゴム収納の考え方)←この記事です


 ***************


c0360042_12245229.jpg混色ゴムの収納


c0360042_221323.jpg単色ゴムの収納


どうして混色ゴムと単色ゴムの収納方法を別にしているかと言えば、
使用する目的が違うからです。


混色ゴム→お試しで購入。その中に気に入った色があれば単色で買う。
単色ゴム→ゴムを使う目的が(自分の中で)明らか。同じ色を一度に沢山使う。
     好きな色のゴムなので在庫を沢山置いておきたい。


そう考えると


混色ゴム→多くの色のゴムを見渡せる収納方法

単色ゴム→使いたい色のゴムを迷わず取り出せる、
     色の組み合わせをイメージしやすい収納方法


という感じで、分けた方がいいかなと思ったのです。


あくまで個人的な感想ですが、混色ゴムを分けて収納する場合の、
1本1本のゴムを分けていく時間はとても勿体ないと思います。
最初にゴムを分けたところで、好みでない色はすぐには使っていかない気がするので…。
(アイロンビーズの時に経験済)


私は混色ゴムは下記のようにして使っていきます。

1.混色ゴムの中からまずは気に入ったゴムを拾って作品を作る
2.そのうち、あまり好みでない色のゴムが目につくようにる
3・残った好みでない色のゴムを使い切れるよう、色使いを工夫して作品を作る


こうすると最初からゴムを分けなくても特にストレスなく使えています。


とても簡単ではありますが、ゴムの収納方法についての余談でした。
効率的にゴムを収納して、レインボールームを更に楽しめますように。


今よりも良い収納方法が見つかれば、また記事にしようと思います。

[PR]
by housework45 | 2015-06-09 05:59 | 整理収納(ハンドメイド資材) | Comments(0)

レインボールームの収納(単色ゴム)

こちらのブログにレインボールームの収納について検索して
見に来て下さる方が多いので、2016年6月現在のゴムの収納方法について
まとめてみました。リンク一覧は下記の通りです。

 ・レインボールームの収納(単色ゴム)←この記事です

 ***************

c0360042_2213172.jpg

こちは単色ゴムの収納です。
他の方のブログでもよく見かける、100均の仕切り付ケースにゴムを
入れています。
大体1マスに150本ほど入ります。1袋のゴムの4分の1ですね。


c0360042_221323.jpg


こちらは明るい系統の色をまとめたもの。
シンプルなブレスレットに明るい色を差し色として入れることもあるので、
クリアと白・黒のゴムも一緒に入れました。


c0360042_2213427.jpg


中途半端に空いている中央のマスには作る途中のゴムのスペース。
この写真ではミニビーズを通したゴムを入れています。
これがどのようなアクセサリになるかは次回のお楽しみ…。


c0360042_221334.jpg


空いた大きいスペースは、メタルフックスペースです。
隣にあるトラ縞の持ち手のフックは、ゴムを中央に寄せたい時に使う、
手芸用のレースかぎ針。
作りたい時にここからすぐフックが取り出せます。


c0360042_2213253.jpg


色の種類が足りなくてスカスカですが、こちらは暗い系統、そして
表裏の色が違うゴムを入れています。
早く違う種類のゴムでマスを埋めたい衝動に駆られますね(^-^;


c0360042_2213478.jpg


以前妖〇ウォッ〇のキャラクターを作ろうとして途中で止めた名残。
ミニパーツが入っています。そのうち完成させたいな。


c0360042_2213626.jpg


そして、仕切り付ケースに収まらなかった予備のゴムは
最初に入っていた袋のままケースに立てて保管しています。
こうするとゴムの在庫も種類も一目で分かります
新しいゴムを追加する時も在庫が分かればダブリ買いは減るかも??

仮にゴムの種類が増えてもケース自体がスタッキングできるので
重ねていけば大丈夫です。
ちなみにこちらのケースはダイソーの
「積み重ね自由自在ボックス(大・浅型)」です。


こちらのケースには各袋ともゴムの量が半分ほどの状態で16袋ほど入っています。
ゴム代が幾らとか、計算したらダメですよ~ (^-^;

[PR]
by housework45 | 2015-06-09 05:57 | 整理収納(ハンドメイド資材) | Comments(0)

レインボールームの収納(本体&混色ゴム)

2016.6.9 
タイトル・記事のヘッダーを加筆
本文を若干修正
記事の下部に残り少ないゴムの収納方法を追加

 ***************

こちらのブログにレインボールームの収納について検索して
見に来て下さる方が多いので、2016年6月現在のゴムの収納方法について
まとめてみました。リンク一覧は下記の通りです。

 ・レインボールームの収納(本体&混色ゴム)←この記事です
 ・レインボールームの収納(収納の考え方)

 ***************

c0360042_15191073.jpg



今回はレインボールームの収納についてです。

レインボールーム本体の感想はこちら
レインボールームのゴムの感想はこちら


今回、レインボールーム本体と共に混色のゴムを5袋分購入しました。
ちょうどこのページのゴムを全部購入した状態。

ゴムが数種類あった方が色んな作品を作れるけれど、
ゴムを袋のまま保管するのは使い辛いので、
ダイソーで購入したケースに入れました。


c0360042_12245059.jpg


ダイソーの「自由自在積み重ねボックス(小・朝型)」を使っています。
1袋600本のゴムが全部入ります。
これらのケースを、靴を購入した時の箱にまとめました。


c0360042_12245229.jpg


この大きさだと、ケースがちょうど4つ分入りそうです。
今回はとりあえず3つ分入れました。
ゴムを種類別に分ける事で、作りたい作品のイメージに合ったゴムを
すぐに取り出すことができます。

靴箱が無い場合は、無印良品のブリ材長方形ボックスに入れるのも
お勧めです。こちらもケースがギリギリ4つ入ります。
但しこちらの場合はケースを出し入れする時にちょっとだけ入り口で
引っかかるのでご注意下さい。


c0360042_12245589.jpg


レインボールーム本体とゴムが入った箱を重ね、ダイニング近くの
収納場所へ入れました。これでいつでも手に取って作ってくれるでしょう。
マイブームが来ている物はなるべく子供の近くに置いておきます。

子供の創作意欲を掻き立てるビース等の制作系おもちゃ達、部品などが
邪魔になる事も多々ありますが、収納をうまく工夫する事で
子供に熱意に付き合ってあげたいなと思います。


 ***************

(2016.6.9 追記)

c0360042_2213553.jpg


ある程度使ってしまって残り少ないゴムは、こちらのケースを利用して
収納することにしました。(100均で購入できます)
先ほどの大きいケースには新しい混色ゴムを入れて使います。


c0360042_2213514.jpg

 
蓋を開けた状態です。
一番右側が最後に余った混色ゴム。(左には余った単色ゴムも入ってます)
このケースは移動できる仕切りが付いているので、残ったゴムの量によって
スペースの大きさを変えることもできます。

後は残ったゴムの色の種類を見ながら、一番良い色の組み合わせを考えて
アクセサリ(もしくはチャーム)を作って使い切れるようにします。
ちゃんと使い切れた時は凄い達成感です!



[PR]
by housework45 | 2015-04-17 10:10 | 整理収納(ハンドメイド資材) | Comments(0)