<   2015年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧

c0360042_04560503.jpg

先日次女が8回目の誕生日を迎えました。
友人を呼んでパーティーをすることになりましたが、その時に
とリクエストされたので久しぶりに作ることに。


c0360042_04554423.jpg

その時にオーブンで焼成するだけでは時間が足りなかったので
魚焼きグリルで焼くことにしました。

プレートには必ずバター(もしくはサラダ油)をひいて
打ち粉をしてからクッキーを乗せて下さい!


c0360042_04554637.jpg

こんな感じで乗せていきます。果たして焼きチョコは溶けずに
いてくれるのか、緊張の一瞬。
クッキー生地を乗せているのはガスコンロのオプション品、
ピザやトースト、こういったクッキーも作れるのでお勧め。


c0360042_04554847.jpg

グリルで焼く場合は予熱は不要です。
ます、先ほどのクッキー生地を覆い隠すように上から
アルミホイルをかぶせます。
この状態で蓋を閉め、上火:強 下火:弱の火加減で3分加熱
(我が家は両面焼きグリルです)


c0360042_04555176.jpg

3分加熱してアルミホイルを取った後はこんな感じ。
全体的に生地が柔らかくなっています。
後はアルミホイルを取り払った状態でグリル内に戻し、
上火:強 下火:弱で更に2分加熱します。
2分経ったらすぐに取り出し、プレートから降ろします。
後は冷まして出来上がり!


c0360042_04555374.jpg

c0360042_04555524.jpg

上がオーブンで焼いたもの、下が魚焼きグリルで焼いたものです。
グリルの方はクマの指先が少し焦げました。
そこを除けばあまり差はない感じ。


c0360042_04555736.jpg

並べてみました。
個人的にグリルで焼いた方がこんがり美味しそうに見えます。
オーブンで焼いた方は記事の中の砂糖のせいでブツブツした感じが
するからでしょうか。


c0360042_04560262.jpg

後ろ姿もグリルで焼いた方が美味しそう?


c0360042_04555985.jpg

グリルで焼いたクマクッキーたち大集合。

森永さんのベイクを抱っこしているクマと、
います。どちらも溶けたりせず綺麗に焼けたし、
更に香ばしくなりました。


焼きたけのこの里には赤・白・緑のデコペンで飾りを書いたら
クリスマスツリーを抱っこしている様にも見えそうですね。
今年のクリスマスにやってみます。


グリルで焼く注意点として、2回目・3回目に焼く場合は
1回目よりも焼成の時間をかなり短めにする方がよいということ。
2回目・3回目では焼き時間を2分→2分とか、2分→1分でも
十分かも知れません。
焼けていなければ焼き時間を増やせばいいので、
是非時間に注意して下さい。


c0360042_04560503.jpg


ちなみに誕生日パーティーは大成功でした!
子供たちは先を争ってどのクッキーを食べるのか
選んでいたので、来年はもう少し増産しようかな(笑)
 

[PR]
by housework45 | 2015-06-30 11:10 | プチ料理 | Comments(0)

修正のお知らせ

c0360042_14121965.jpg


先日アップしたどうぶつウッドブロックの収納記事ですが、
どうぶつランドを収納する際のドキュメントケースのサイズを
A4と表記しておりましたが、正しくはB5でした。

大変申し訳ありませんでした。
本文内では既に訂正をしております。
今後は同じミスが再発しないよう、気を付けていきます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


[PR]
by housework45 | 2015-06-28 00:09 | お知らせ | Comments(0)
c0360042_14174986.jpg

少し前ですが、レインボールーム・スターターキットを購入しました。
中にはモンスターテイル、Cクリップ、編み棒、ラバーバンドが入っています。


c0360042_14175592.jpg

c0360042_14175178.jpg

内容物はこんな感じで、入門ガイドブックも付いてます。
編み棒がプラ製でフック部分が小さいので
レインボールームに慣れてると
編みにくく感じてしまいそうだと思いました。


c0360042_14175714.jpg

目次たち。
難しい漢字にはふりがなが振ってあるので、
小学校低学年もターゲットにしているのかも知れません。


c0360042_14302321.jpg

編み機を上から見たところ。
ピンが向かい合わせで並んでいます。
太いブレスレットや、丸い形のチャームなんかを
編むのに使えます。


c0360042_14175376.jpg

先ほども書いたフックの先端。
やっぱりちょっと小さいかも…(;´・ω・)


c0360042_14302142.jpg

Cクリップの形も違います。
左側がレインボールームに付属していたクリップ、
右側がスターターキットに付いていたクリップ。
穴の大きさが違います。
小さいお子さんでもゴムを通しやすい仕様に
なっているのかも?


c0360042_1834481.jpg

ここまで書くと、モンスターテイルは
子供向けじゃないかと思われそうですが、難しい作品も作れます。
これはモンスターテイルを使って作りました。

コツを掴むのに時間がかかった、大人向けの作品です。
Yarn Joueney さんの動画から見ることができるので
是非ともチャレンジして下さい。


[PR]
by housework45 | 2015-06-27 14:48 | ハンドメイド | Comments(0)

柳宗理のキッチンツール

c0360042_14122966.jpg


先日の記事で新しいキッチンツールを注文したと書きましたが、
無事に届きました。

c0360042_14123077.jpg


c0360042_14123245.jpg

今回の泡だて器と穴あきトング、どちらも柳宗理さんのプロダクトです。
10年近く憧れ続けて、ようやく買うことができました。


泡だて器はオムレツや卵焼きを作る時に使ってみましたが、
驚くほど卵液が滑らかになりました。
卵焼きも卵液と調味料が綺麗に混ざってくれて、焼くといつも以上にふわふわ!


トングは最初大きくて驚きましたが、使ってみるとこの大きさだからこそ
物が掴みやすい、力が入れやすいのだということが分かりました。
料理を盛る時、テーブルで料理を取り分ける時、麺類を掴む時、
1日1回は必ず使ってるかもしれません。



泡だて器もトングも、今まではそこまで使おうと思わなかったので、
積極的に使っていこうとする自分に驚いています。
「便利で使いやすい」と思う道具が傍にあると
自然と手が伸びるのかも知れないですね。



[PR]
by housework45 | 2015-06-27 08:51 | 整理収納(キッチン) | Comments(0)
c0360042_21252510.jpg

久しぶりに美味しいと思える鶏胸料理に出会えました。
夫も子供も大喜びのヒット作!

鶏胸肉なのに、とてもジューシーで肉汁がたっぷりです。
食感は鶏ハムに近い感じ。
肉の繊維がホロホロと口の中でほどけていきます。

こちらの記事を参考に調味液を作り、
鶏胸肉と共にビニール袋に入れて一晩漬け込みました。


調味液の分量(鶏胸肉2枚に対して)

・重曹 小さじ1弱
・塩  小さじ1弱
・砂糖 小さじ1弱
・水  カップ3分の1強


重曹を使いますが、特に苦さは感じませんでした。
味付けは後から足すことも出来るので、漬ける時の調味料は
少し足りないかな、と思うくらいで加減するのが
美味しく作るコツだと思います。



ビニール袋から肉を取り出したら軽くバジルを振り、
ベイクパンに入れて上下とも弱火で15分焼きます。
上下強火で10分ほどでも大丈夫です。
ベイクパンには鶏胸肉2枚がちょうど入りました。

焼き時間が終わったら10分ほどグリル内でそのまま放置して出来上がり!

c0360042_21252797.jpg


ジューシーな肉汁と綺麗に焼けた皮目が食欲をそそります。
ベイクパンでなくても、フライパンで焼いても十分に美味しいと思うので
是非作ってみて下さい!

 ***************

参考リンク

[PR]
by housework45 | 2015-06-26 21:40 | プチ料理 | Comments(0)
c0360042_14120946.jpg

長女が3歳の頃始めたこどもちゃれんじに、
「どうぶつウッドブロック」というエデュトイ(付録)がありました。
動物としまじろうの形をした木製の積木をバランスをとって
高く積み重ねたり、並べて遊ぶおもちゃです。


c0360042_14121152.jpg


長女もハマり、次女も三女も大好きな我が家の殿堂入りおもちゃの1つ。

次女と三女は未だにひっぱり出しては積んで遊んでいます。
いつ頃のおもちゃなんだろうと思って小冊子を見たら2008年でした…!
8年経っても現役です。そう考えたらすごい。


 ***************

c0360042_14120750.jpg


このウッドブロック、活躍してくれるのはいいんですが
付属の紙箱がすぐにダメになってしまいました。

我が家では紙箱は早いうちに処分して、
100均のA5サイズのドキュメントケースを代用品として使っています。
厚手ではないタイプの方がぴったり収まるのでお勧め。
以下はその使い方です。


c0360042_14121391.jpg


付属の並べ方シートを底に敷きます。


c0360042_14121687.jpg


後はそれに沿ってブロックを並べていくだけ。
小冊子もボロボロだったのでこの機会に修繕しました。


c0360042_14121867.jpg


小冊子をブロックの上に重ねて蓋を閉めた状態です。
子供の力でも開けやすく、収納するときもパズルとして楽しめます。


 ***************

c0360042_14121965.jpg


当時はこういった「どうぶつランド」というエデュトイも別の号に付いていました。
プラ製のおもちゃにウッドブロックを乗せたり並べたりして遊びます。

未だにウッドブロックで遊ぶ時は必ずセットで使うので、
こちらもB5サイズ厚手タイプのドキュメントケースに収納しています。
ぴったりと収まってくれました。


c0360042_14122393.jpg


例え付録としてもらったおもちゃでも
子どもが簡単に出したり片付けられるようにしておくと、
ちゃんと大事にしてくれます♪

 ***************

(2015.06.27 どうぶつランドのドキュメントケースのサイズを修正。大変失礼しました)




[PR]
by housework45 | 2015-06-26 14:36 | 整理収納(おもちゃ・絵本) | Comments(0)
c0360042_01250267.jpg


玄関クローゼット内で使う、三女のハンカチ入れを自作しました。


c0360042_01245031.jpg

材料は空になった牛乳パック2つ。
それらをよく洗い、消毒スプレーで綺麗にしてから乾かします。
注ぎ口部分は切り落とします。


c0360042_01245317.jpg


更に側面の一部もカットしました。


c0360042_01245606.jpg


両サイドから重ねてテープで留め、箱の形にします。
(収納する場所の幅に合わせて長さを少し短くしました)


c0360042_01245995.jpg


引き出しの中で使うものですが、半透明プラスチック製の収納引き出しのため、
表からは透けて見えてしまいます。
とりあえず見える部分だけはマステでおめかし。


c0360042_01250267.jpg


三女の使うハンカチを入れて出来上がりです。


c0360042_01250926.jpg


早速引き出しにセットしてみました。
幅を合わせて作ったので、サイズはぴったり!


この引き出しには三女の幼稚園用タオルや
外出時に使うハンカチ・ティッシュを入れています。

以前は、ケースに入れていなかったハンカチ類は引き出しの中で
バラバラになっていることが多かったので、すっきりしました!
良いサイズのケースが見つかるまでは頑張ってもらいましょう。

[PR]
by housework45 | 2015-06-25 06:55 | 整理収納(子供のもの) | Comments(0)
c0360042_17323120.jpg

この記事の続きで、キッチンツール入れの無い我が家のキッチンで
どうやってツール類を立てて収納しているのかを紹介したいと思います。

答えは上の写真に写ってましたね…(笑)


c0360042_17322937.jpg


ご覧の通り無印のポリプロピレンファイルボックスをツール入れにしています。
けれどこのままキッチンツールを放り込むとうまく自立してくれないので
身近にあるもので中を仕切って使っています。


c0360042_17323471.jpg


ちょっと分かりにくいかも知れませんが、4つ並んだものが仕切り代わりです。
形に見覚えありませんか?


c0360042_17323627.jpg


答えは、1.5リットルサイズのペットボトルでした。
丸ではなく長方形タイプのペットボトルを使うのがコツ。


c0360042_17323904.jpg


このようにファイルボックスの中に4つ並べて入れています。
割とぴったり収まってくれて、ずれないのが嬉しい。

ここに頻度や大きさによってツール類を分けて入れ、引き出し内に
設置すればツールボックスが無くても大丈夫です。


c0360042_17324205.jpg


手作り感満載のキッチンツール入れでした(;´∀`)

[PR]
by housework45 | 2015-06-24 13:56 | 整理収納(キッチン) | Comments(0)
c0360042_13564521.jpg

コンロ周りには何も置いていませんと書きました。
調理で使う道具類は全てキッチンの引き出しに収納しています。
ただし、調理の際に使いやすい様に工夫はしています。

今回はそんなコンロ下の引き出しの中身を公開します。


c0360042_17324014.jpg


見辛かったら申し訳ありません。ここには

・フライパン類
・ガラス蓋2枚
・ストウブ(16センチ)
・片手鍋3種(16、18、20センチ)
・コンロガード(揚げ物、炒め物の時の油はね防止)
・調理で使うキッチンツール類


以上を収納しています。

フライパン類はフライパンスタンドを使って立てて収納。
取っ手が若干邪魔ですが、間を縫って汁物の調理に使うストウブも入れています。


 ***************

先日この引き出しの中身のプチ断捨離を行いました。
上の写真は実行後です。今回思い切って捨てたのは以下の物たち。

c0360042_17322757.jpg


・卵焼き器(うまく卵が巻けなくなったため)
・おたま、木べら、ミニトング(出番が極端に少ない)
・ターナー、スパチュラ(一部が欠けたり割れたりしている)
・泡だて器(先端が変形して使いづらい)


新婚時代から使っていたツールもありますが、滅多に使わないのに
持っていても仕方ないので、感謝の気持ちを込めて処分しました。
こうして写真を撮影する事も供養になっている気がします。

次に購入するツールたちも同じくらい大事にできたらいいなと思います。


 ***************

そしてこちらが、現役で使っているキッチンツールたち。
全部出して並べてみました。

c0360042_17323120.jpg


量が多いという自覚はあるんですが、どのツールも頻繁に使うので
これ以上減らすことも出来ずにいます…(苦笑)

今回処分したスパチュラ、泡だて器は新しいものを早速注文したので、
そのうちこのレギュラー陣の仲間入りをするでしょう。
その時はまた紹介できたらと思います。


c0360042_17324014.jpg


ちなみに、我が家のキッチンには普通のシステムキッチンには
付属されているはずのキッチンツール専用の収納ボックスなどありませんでした。

現在どのようにしてキッチンツール類を立てて収納しているか、
その方法について次回の記事で書きたいと思います。

[PR]
by housework45 | 2015-06-23 21:51 | 整理収納(キッチン) | Comments(0)
お菓子のおまけ、お子様カレーのおまけ、可愛いからと買ったシール、
お楽しみ袋に入っていたシール…。

普段生活していると、いつのまにか大量にシールを持っていて驚きます。


週末に家族で行った引き出しの整理。
子供たち専用の引き出しからは出るわ出るわ、シールが山のよう。
「もったいないから」「可愛いから」と言ってそのままの状態で
保管しておいても、きっとそのうち忘れてしまう。

そこで自分たちでシール帳に貼ることを提案してみました。
すると「その手があったか!」みたいな顔をして、俄然やる気に。

以前貰って未使用のままになっていたシール帳に
シールコレクションを貼っていくことにしたみたいです。


c0360042_20543233.jpg


小学生ともなると、レイアウトや色合いを考えて丁寧に貼っていきます。


c0360042_20543488.jpg


あーでもない、こーでもないと言ってシールを貼りなおしたりと、楽しそう。


貼っていく楽しみ、ノートを見返す楽しみ、コレクションを増やしていく楽しみ、
ただ持っているだけよりも何倍もシールの良さを活かせると思います。
今回のことが、シールの新しい付き合い方を知るきっかけになりますように。


 ***************

シール帳が無い場合は、適当なノートでも構わないと思います。
お気に入りのメモ帳などでも大丈夫。

余談ですが、子供たちが以前ポケモンにハマっていた時期に
↓こんな感じで私の手帳の1ページにシールを貼り貯めていたこともありました。
いざとなればページごと切り取って渡すつもりでしたが、
結局思い出すこともなく私の手帳の1ページを賑やかにしてくれています。
これはこれで良い思い出かな(笑)

c0360042_2152232.jpg


[PR]
by housework45 | 2015-06-22 21:56 | 整理収納(おもちゃ・絵本) | Comments(0)

name : yoko45 ◆◆◆ 関西在住。3姉妹(小5、小2、年中)の母です。家、収納、子供のおもちゃや絵本、ハンドメイドのことなど。


by yoko45