冷蔵庫の買い替えで悩む、悩む

c0360042_13593325.jpg

現在使っている冷蔵庫は日立のPAM、401L。
結婚当初に購入した、フレンチドアの
先駆け的存在の冷蔵庫でした。

さすがに13年経つと、子供も3人に増え
特に冷凍庫の容量が足りなくなってきたので
買い替えを検討することに。


c0360042_13593681.jpg


c0360042_13593819.jpg

候補に挙げているのは三菱の「置けるスマート大容量」
605L、もしくは525L。
三菱を選んだのはチルドや冷凍の機能が多彩だったこと、
自動製氷のお手入れでタンク、製氷皿、更にタンクから
製氷皿に水を送る送水パイプまで洗うことができるからです。

乳製品などを保存するチルドルームと肉・魚を半冷凍して
数日保存できる「氷点下ストッカー」が別なのも魅力的。
他社製品と同じくらいの奥行でも容量が大きいのが決め手でした。


子供3人がいて、上の子を筆頭に3人とも10代に突入します。
買い替えて10年は使うことを考えると
容量が600L以上あるのは頼もしい。
けれど一つ問題があって悩んでいます。


c0360042_13594076.jpg

こちら現在の冷蔵庫スペースですが、隣の壁が
奥行70cmしかない…。

605Lを置こうとすると、どうしても前に5cmほど
はみ出します。横も今より4cmほど大きくなるので
ストッカーとの間も狭くなっちゃう。
525Lだと幅は同じで奥行70cm弱。
ちょうど壁と同じ奥行なのですっきり見えるでしょう。
ちなみに今の冷蔵庫は放熱するのに左右最低5mmあれば
大丈夫だそうです


子供が男兄弟3人とか、兄弟の誰かが男の子なら
迷わず605Lを選ぶんですが、
我が家は特に運動系の活動もしていない女の子3人なので
今現在の冷蔵庫でもそんなに不便はしてなくて。
525Lでも事足りそうだからこそ、逆に悩んでいます。

子供が男3兄弟の友人はやはり600L以上の冷蔵庫を使っているそうです。
運動もしているので麦茶や牛乳、スポーツドリンクが
沢山入るし、急に貰った野菜も入れることができるから
満足してると話してくれました。


一応明日電気屋さんに行って再度見てこようと思いますが、
答えが出せるのかなー(;´∀`)
家族の生活と健康を陰で支える冷蔵庫だからこそ悩みます。
決められたら、また記事にしますね。

 ***************

◆こちらの記事の容量についての記述が勉強になりました

ちなみにこの理論でいくと、現在使ってる冷蔵庫の実際の容量は
300Lちょっとしかありませんでした。
大体カタログに大きく表示されてる容量の-100Lくらいと
考えるとよさそうです。
これで何とかなってるから、525Lでもいけるかな…??


◆こちらの質問のベストアンサーも参考になりました
 大きいのがよい、というわけでもなさそうです。

[PR]
# by housework45 | 2015-07-13 14:32 | 家・庭のメンテナンス | Comments(0)

ニトリのインボックスに「おもちゃタグ」を付ける mama

c0360042_03364224.jpg


リビングと一続きになっている和室が我が家のおもちゃ部屋です。
長女が幼い頃に購入したニトリのカラーボックスに、
カテゴリ分けしたおもちゃたちを
同じくニトリで購入したインボックスに入れています。


関連リンク





c0360042_03192623.jpg


白で統一されて見た目はすっきり。
とはいえ何がどこに入っているか分かりにくい。

そこで、中身に何が入っているかを示す
「おもちゃタグ」を付けたいと思います。

幼稚園や児童館で見かける、アレです。



c0360042_03192814.jpg

下準備1として、ラミネートシールを100均で購入。



c0360042_03193060.jpg

下準備2として、箱の中身を写真で撮影します。
こちらはアクアビースのセット。
この作業を全てのボックスで行います。



c0360042_03193365.jpg

L版の写真用紙に2枚割り付けの印刷設定にして
写真を印刷します。
4枚の配置だと子供が見る時に小さい気がするので
2枚がちょうどいいかなと思い、今回は2枚ずつで印刷。



c0360042_03193428.jpg

写真の部分を切り抜きます。
ひたすら ちょきちょきちょきちょき…



c0360042_03193694.jpg

作業工程を撮影し忘れましたが、
先ほどのラミネートシートに切り抜いた写真を4枚ずつ乗せ
一気にラミネートします。
写真の外側を5mmくらい残してカッターで切り取ります
これで「おもちゃタグ」の出来上がり。



c0360042_03193821.jpg


裏側に両面テープを貼ります。
剥がれにくいように4辺全部に貼るのがいいかも。


この「おもちゃタグ」をインボックスに貼りつけます。



c0360042_03194044.jpg


こんな感じになりました。
ちょうどインボックスの下部分がラミネートした
写真のサイズとぴったり合ってます。
上の空いた部分にもテプラの9mmテープを利用して
文字でタグ付け。

文字が読めない時期はおもちゃタグを目印に、文字が読めるなら
テプラのタグを目印に、と両方できる仕様。




c0360042_03363457.jpg


同じことを全てのボックスに行いました。
先ほどの写真と比べると分かりやすさが段違いじゃないかなと
思います( *´艸`)



c0360042_03194136.jpg


カターボックスの左上の棚は
ドキュメントケースに収納したおもちゃたち。
こちらに入れています。



 ***************



「おもちゃタグ」の利点としては

  中に何が入っているか一目瞭然
    ↓
  目的のおもちゃが見つけやすい  
    ↓
  片付ける時に、カテゴリ分けしながら片付けられる
  遊びにきたお友達も片付けやすい



  文字も一緒に書いてある
   ↓
  文字も覚えてくれる…かな?(笑)



 ***************



小さいお子さんがいるお宅にはお勧めです♪

我が家も三女がまだカタカナを覚えていないので、
もう少しこの方法でやっていくつもりです。

それぞれのおもちゃの紹介については、また別の記事で。



[PR]
# by housework45 | 2015-07-13 07:27 | 整理収納(おもちゃ・絵本) | Comments(2)