タグ:クリスマス ( 8 ) タグの人気記事

2015年 クリスマスプレゼント

子供たちにもサンタさんがやってきました!
子供たちがなにを頼んだかは↓の記事を御覧ください







クリスマス当日の朝、



「やったー!!!」

「サンタさん来たよー!」



と言いながらリビングへ降りてきた子供たち。


今年もサンタがやってきてご機嫌です(*´ω`*)



三女へのプレゼントは、約束通りミニーのトランプと青いカメラ。


特にカメラは頼んでいないのに届いたサプライズプレゼントだったからか、
興味津々で触っていました。

これからはお姉ちゃんと一緒に写真を沢山撮って欲しいな♪



c0360042_10431085.jpg



次女には、プレパラートのセットと顕微鏡の本。


c0360042_10431875.jpg



実は夫が小さい時買ってもらった顕微鏡が未だに実家に眠ってて、

それを次女に譲ってくれたので顕微鏡本体は既に持っていたんです!!



c0360042_10431543.jpg


顕微鏡でものを見るためにはプレパラートを作る必要がありますが、
小学生の技術でそんな高度なことはできないので、気を利かせたサンタが
既にプレパラートとして売ってあるものを渡してくれたみたい。


理科に興味のある次女。
色々なことに興味の幅を広げて欲しいなと思います♪


c0360042_10431434.jpg





以下はプレゼントの記録です



次女へのプレゼント




◆Vixen 顕微鏡アクセサリー プレパラートセット(楽天)




◆山村伸一郎 顕微鏡で見るミクロの世界

顕微鏡で見るミクロの世界 [ 山村紳一郎 ]

顕微鏡で見るミクロの世界 [ 山村紳一郎 ]
価格:1,728円(税込、送料込)




三女へのプレゼント

◆ミニーのトランプ


◆Nikon COOLPIX S33BL

【あす楽】 ニコン COOLPIX S33BL ブルー

【あす楽】 ニコン COOLPIX S33BL ブルー
価格:11,100円(税込、送料込)









ちなみに長女ですが、サンタは信じてはいるものの
今年はなかなか寝てくれなくて、日付が変わってから
サンタが来ることとなりました。


しかも朝起きたら


「昨日、プレゼントを置いた音を聞いたんだけど、あれはサンタさん?それともお母さん?」


とか言い始めたので、もうそろそろ危ないかも…。
来年はサンタさんがプレゼントを部屋に置けないんじゃないかな(;´Д`)

とりあえず今年のクリスマスも無事に終わってホッとしました。


[PR]
by housework45 | 2015-12-26 13:10 | 季節の行事 | Comments(0)

2015年 クリスマスイブのミニディナー

23日にメインのディナーをしてしまったので、
24日のディナーはささやかなもの&ケーキにしました。



c0360042_04525020.jpg


イブの日のメニューは

・チーズリゾット
・ミートローフ
・ツリーサラダの残り
・きゅうりの箸休め


チーズリゾットは、これもやはりストウブ生活さんのレシピ。
とても簡単だし、チキンの残った骨の部分も再利用できるので
近年はずっとこのメニューです。




具材を煮る時、間違えてご飯を炊いてしまったので
生米を炒める方法ではなく後から御飯を加える方法に切り替えました(;´∀`)



c0360042_10115217.jpg



最後に、しめじやチーズリゾットの残りのチーズをたくさん加えて
チーズたっぷりリゾットの完成。あっという間に無くなりました!




c0360042_10120707.jpg


もう1つのメインはミートローフ。
こちらは生協の宅配で注文しておいた料理セット。
野菜もカット済なので炒めて混ぜたら出来ちゃいます。
中にうずらの卵も入ってますよ!


とても楽だった割に見栄えがするので、来年も頼もうかな(*´ω`*)


焼くのはダッチオーブンで。

グリルの中に入れてダッチオーブンモードで焼きました。


c0360042_10124302.jpg


一緒についていたソースを掛けてできあがり♪


c0360042_10124595.jpg




ケーキはガトーショコラを焼きました。




長女が作ったクリスマスクッキーを乗せて



c0360042_10124899.jpg


粉糖を振りかけます



c0360042_10124976.jpg


子供にデコレーションを乗せてもらって完成



c0360042_10125145.jpg


別に作っておいた生クリームとイチゴを添えていただきます♪



c0360042_10125487.jpg


クリスマスが終わるともう年末!
まだ何もやってないということに気が付いて焦ってます(;´Д`)



年末年始忙しいですが、体に気を付けて乗り切りましょう!

[PR]
by housework45 | 2015-12-25 22:30 | 季節の行事 | Comments(0)

2015年 クリスマスディナー&下準備の記録


遅くなりましたがクリスマスディナーの記事です。
来年の自分への備忘録も兼ねています。
よろしければお付き合いくださいませ。



今年は23日にクリスマスディナー、24日にケーキという日程になりました。
ここ数年、ディナーとケーキを同日にすると慌ただしいわ、
お腹いっぱいでケーキが入らないわ、ということがあるので。
別日にすると心に余裕を持って楽しめます♪


ディナーはこんな感じ。というか、大体毎年同じようなメニュー。

c0360042_04525020.jpg

・ほうれん草のポタージュ
・ツリーサラダ
・チーズフォンデュ


写真には写ってませんが

・レタスとハムのサラダ

も作りました。


こちらはメインのひとつ、チーズフォンデュ。

フォンチュのチーズは手作りしました。
簡単だし量も沢山作れるのでお勧め!




c0360042_04530518.jpg


チーズの入ったルクルーゼの鍋をキャンドルで温めているのは
ストウブ生活のERIさんのアイディア。

キャンドルの熱を使うと雰囲気が出るので、クリスマスだけは
卓上ガスコンロを使わずにキャンドル方式で加熱しています。
何となく厳かな雰囲気で、静かに食卓を囲めます。





フォンデュの具材は

・ソーセージ
・ブロッコリー
・人参

でした。ツリーサラダにジャガイモを使っていたので
こちらにポテトは無し。けれどお腹が張らずに
沢山食べられたので、正解でした!




こちらはツリーサラダ。


c0360042_04543072.jpg



具材は


・マッシュポテト(じゃがいも8個分)
・ブロッコリー1房(小房に分け塩水で下茹で)
・人参1本分(同上)
・プチトマト1パック分
・生ハム1パック



飾りつけは子供たちに一任したら、独創的なツリーになりました。
一番上のプチトマトがずっと落ちてゴロゴロしていたのはナイショ☆




持ち手の写真で申し訳ありませんが、こちらはローストチキン(タレ味)。
クックパッドのこの記事を参考にしました。


c0360042_04532120.jpg


チキンを焼いた後にタレを絡めるレシピなので簡単!



持ち手はアルミホイルで包んだ後にクリスマス仕様のマステを巻きました。
来年はもう少し可愛くしたいな。




残りの一つは我が家の定番料理、ほうれん草のポタージュ。
母の得意料理で、私も大好きでした。
今は子供たちも残さず綺麗に食べてくれます♪

■ほうれん草ポタージュの簡単レシピ(4~5人分)

ほうれん草 1束
玉ねぎ   2分の1個
水     400cc
コンソメキューブ 2個

(簡単ホワイトソース)
バター  大さじ1
小麦粉  大さじ1
牛乳   400cc

お好みで塩胡椒



茹でてある程度小さく切ったほうれん草と
玉ねぎ、水、コンソメキューブを鍋に入れて煮る

ある程度火が通ったら火を消してブレンダーやミキサーで
具材を滑らかにする
(持っていない方は最初にみじん切りにしておいてください)


(簡単ホワイトソース)
バターを熱し、小麦粉を入れて焦がさないように炒める
小麦粉が少し茶色になったら牛乳を少しずつ入れて伸ばす
ダマにならないように、少しずつ牛乳を入れるのがコツ。
少しサラサラなくらいでちょうど良いです。


簡単ホワイトソースをほうれん草のコンソメスープの中に投入。
ゆっくり混ぜていく。味見をして物足りなければ塩胡椒で調整。



子供たちも、この日だけは特別にシャンメリーを。
1本じゃ足りないので2本買っちゃった(笑)


c0360042_04543674.jpg





パーティーは23日だったのですが、22日にある程度
下ごしらえをしていたお陰で早く済みました。



前日までににほうれん草を茹でて小さく切って保存。
更に型抜きをした人参、ブロッコリー、じゃがいもを茹でて



c0360042_04544405.jpg


じゃがいもは潰して



c0360042_04544227.jpg


バターと牛乳少々を加えてマッシュポテトにしておきます



c0360042_04544761.jpg


バターケースは高橋工芸さんのもので、ウォルナットを選びました。






↓楽天でも売ってます



少しの準備で当日が随分と楽になったので、
来年もこの方法で頑張ります!


[PR]
by housework45 | 2015-12-24 10:02 | 季節の行事 | Comments(0)

2015年 クリスマスの飾りつけ

クリスマス直前、セリアでクリスマスデコレーション資材を幾つか買いました。
遠くに引っ越す友人と一緒にイブにクリスマス会をすることになったので。


c0360042_11080519.jpg


衝動買いしてしまったのはこちらのガラスタイル!
これで108円は信じられない!
どう飾るかは置いておいて(笑)、買ってしまいました。



c0360042_11080837.jpg


飾ったのはダイニングに面したこちらの壁面。
これは既にデコ済の写真です。
反対側はキッチンで、ダウンウォールが入ってます。



c0360042_11082069.jpg


今回のメインは、WITH LATTICEのNa~さんが
とても丁寧に作り方を教えてくださったペーパーオーナメント!!
Na~さん、その節はありがとうございました!




作り方は上記のリンクを参照してください。
紙に切り込みを入れるところが一番大変で後はとても簡単でした♪



こちらは小さいサイズ。長女の手のひらくらいです。
折り紙を4等分したものを1つのピースにして組みました。
小ぶりなので可愛いですね♪


c0360042_11081300.jpg


こちらは大サイズ。手のひらに収まらないほど!
B5サイズコピー用紙を折って正方形の紙を切り出し、それを1ピースにしてます。


これは私が紙に切り込みを入れ、残りの組み立ては全て長女に任せました。

一度やり方を覚えたら後はとっても簡単です。



c0360042_11081638.jpg



紙を接着する際にNa~さんは両面テープを
使用されていましたが、私は速乾性のある木工用ボンドで接着しました。


↓使ったのはこちらのボンドです。

コクヨ 木工用ボンド速乾 50g

コクヨ 木工用ボンド速乾 50g
価格:181円(税込、送料別)




こちらは制作途中の写真。

ボンドは手はベタベタするけど、少量塗って接着するだけで丈夫に仕上がります。

最後に大きいピース同士を接着する時だけ両面テープを使いました。



c0360042_11081800.jpg



大サイズのペーパーオーナメントは1つだけ。
後は小サイズのものを散らしました。


軽いので壁紙にセロテープや両面テープで貼りつけています。
外れても危なくないし、とっても優秀!



正面から見たら分かりづらいけれど、横から見たら3~5cmほど
飛び出していて、立体感があるので迫力がありますよ。



c0360042_11082069.jpg



クリスマスが過ぎたいまは、ペーパーオーナメントのみ残して飾っています。
セロテープが弱くなって落下するまでは、楽しもうと思います♪

[PR]
by housework45 | 2015-12-23 23:45 | 季節の行事 | Comments(0)

クリスマスディナー

御無沙汰しています。
ありがたいことに、とても忙しい日々が続いています。



近いうちに本更新しますが、とりあえず写真だけアップさせてください。


クリスマスディナーはこんな感じ。
レシピなどは近いうちに載せますね。

c0360042_00165554.jpg


こちらは子供たちに作ってもらったツリーサラダ。
中身のジャガイモはマッシュポテトにしたので、食感が軽くて食べやすかったです♪



c0360042_00165865.jpg


こちらはWITH LATTICEのNa~さんがとても詳しく教えてくださったペーパーオーナメント。
簡単なのにとっっても可愛くて部屋に映えます! 紙だから軽くて壁からも落ちません。
今は、赤い折が紙で作ったらお正月向けにならないかなと画策中。

Na~さん、その節はありがとうございました。
作ったよ報告が遅くなってしまって大変申し訳ありません!






c0360042_00170089.jpg



だけども、飾り方は絶望的にダサくなってしいまい、
自分のセンスの無さに凹むクリスマスとなりました(´・ω・`)



c0360042_00240356.jpg

きちんとしたクリスマス報告はこの記事を再構成して更新しますね。
しばらくお待ちください♪

[PR]
by housework45 | 2015-12-23 23:27 | 季節の行事 | Comments(2)

我が家のサンタ事情

c0360042_18290470.jpg

先日からサンタ関連のエントリが多くて
申し訳ありません。
これで最後なので、宜しければ
お付き合いください。


我が家のサンタとの関係ですが、
私も主人も祖父母も
「会ったことはないから、分からない
「小さい頃にはプレゼントをくれていた」
「大人になるとプレゼントをくれなくなる」
「サンタのことを信じてくれる子のところに来てくれる」
と話しています。
子供に見栄を張る必要もないかなと思うので。


今は、子供と一緒に
私もサンタに欲しい物をお願いしています。
ツリーには子供と私の
お願いがぶら下がっているので、
七夕か!と夫にツッコミ入れられました(;´∀`)


ちなみにお願いしたのはコレ。
サンタは届けてくれるでしょうか?(笑)



もしかしたらプレゼントが届くかもしれないし、
届かないかもしれない。
けれど、やってみると意外と楽しいですよ(*´ω`*)





「大人だからプレゼントを貰えない」

と言っていたある日、次女が

「お母さんがプレゼントを貰えないのが可愛そうだから、プレゼントを買ってあげたい」

と言ってくれました。



嬉しいんだけど、
お金を使わせるのは勿体なかったので

「買うよりも次女が作ってくれたプレゼントがいいな」

と答えたら、こんなものを書き始めました。



c0360042_12325526.jpg
ちょっと描いたから!って言って一枚くれたもの。
写真ではなく、ScanSnapでスキャンしてます。



なんと、オリジナルの怪人図鑑!(予定)
折り紙の裏に描いてあるのが勿体ない力作。
こんなのがあと20ページくらいあるんですって。


だがしかし、造形といい必殺技といい、
どこかで見たことあるなと思ったら↓でした。
大好きで毎日見てるからかな(;´∀`)





面白い怪人が沢山描けたら、本の形式にしてあげようかな。
お金には替えられない素敵なプレゼントが貰えそうです♪

[PR]
by housework45 | 2015-12-15 00:05 | メッセージ | Comments(0)

サンタの「ほんとのこと」を知ったあなたへ

今回は表題通りの記事です。
内容が幼稚かも知れません。
畳んでいるので、宜しければ
「続きを読む」からどうぞ。



c0360042_18290470.jpg





続きを読む
[PR]
by housework45 | 2015-12-14 03:00 | メッセージ | Comments(0)

「サンタはいるんだよ」

c0360042_10480893.jpg
数年前に子供が作ったヘクセンハウス。「夢のおうち!」だそうな。



最近、merci!さん宅で繰り広げられていた
サンタの真実についての攻防を書いた記事と、
それに応えたwelcome to my home!さんの
記事を読みました。







関連リンク




私も小6までサンタがいると思っていました。
とはいえ、半信半疑ですが。
けれどその年のクリスマスに
サンタの真実を知らされて
ショックを受けました。


先程のYahoo!知恵袋の回答が素晴らしいのは、
真実を丸ごと告げていないこと、
どこかにサンタの存在を信じられる
余地を残してあげているからでしょう。







子供から「サンタはいるの?」と聞かれたら
どんな風に答えようかなと考えた時、
思い出した本があります。


内藤寿七郎さんという
長い間小児科医として活躍され、
日本人で初めて
シュバイツァー賞を受賞された方が
書かれた著書、「育児の原理」です。


この本には一貫して
子供を1人の人格として向き合うには、
親はどうあるべきかが書かれています。







その中の2項目の一部が
参考になりそうだったので
引用させていただきます。




~内藤寿七郎 「育児の原理」 p245「どうして?」より一部引用~


子供の質問に正確に答えようとすると、
親もわからなくて、
つい「そんなこと、子供は知らなくてもいいのよ」とか、
「うるさいわねえ」などという、そっけない返事になってしまいます。
また、忙しいときや、他に気をとられているときも、ついうるさがって、
つっけんどんな返事をしてしまいがちになものです。
しかし、その時の子供の気持ちを考えてみてください。
子供は世の中で一番信頼しているお母さんに、
どんなことを聞いても答えてくれると信じて質問してくるのです。
このとき、いつもやさしく答えてやることは、大変大切なことで、
子供は、お母さんを通して人間全体への信頼感を育てているのです。

反対に、いつも「うるさいわねえ」とか、
「そんなこと知りません」などと返事されたらどうでしょう。
子供の知ろうとする意欲は失われ、
せっかく伸びかけた考える力も摘まれかねません。





~内藤寿七郎 「育児の原理」 p309「お母さんのウソつき!」より一部引用~


一時しのぎのウソや、その場かぎりのウソは、
子供でもすぐ見破れるものです。
昔から "子供だまし” ということがいわれています。
子供は、だますものではなく、教えさとすものです。
ウソも方便などとの俗語は、育児の場合禁物です。

親たちや大人が、心にもないことを言っていることは
二歳児でもちゃんと見抜けるのです。
二歳児をあなどってはいけません。
甘く見ていると、あとで手酷い反撃をくうことさえあります。
このことを、しっかりと頭に入れておかなくてはなりません。

子供は、信頼には信頼でこたえます。





「どうして?」の項目には、
子供の質問にはファンタジーもふまえて
返答すればよい、正確に答える必要はない
という意味合いのことも書かれています。
「どうして雨が降るの?」と聞かれたら
「神様が水まきをしてるのかな?」などと
答えてみてはどうでしょう、と。







真実を告げる際には、
一時しのぎで適当な作り話をしては
子供に失礼です。


けれど、サンタのことを
子供が本気で信じなくなるまで
無理に真実を告げる必要も
無いのかなと思います。


子供がその存在を想像できる余地を
最後まで残してあげたとしても
誰の損にもならないでしょう?



「サンタはいるよ。
 サンタがいると心から信じている子のところには来てくれるよ。

 けれど、大人になってくると色々分かってくるから
 サンタの存在を心から信じられなくなってしまう。

 サンタは子供の「信じる」力がエネルギーだから
 信じられなくなった子のところには
 サンタは来れなくなってしまうの。
 
 信じられなくなったのは、あなたが大人になった証拠。
 でもそれは、決して悪いことじゃないよ。

 サンタは来れなくなるけれど
 大人になってくれたことがお母さんは嬉しいよ」



私が子供に聞かれたら、
こう答えたいなと思います。
どこかに「サンタはいる」という
可能性は残してあげたい
真実を告げる怖さもあるけれど、
子供たちはきっと分かってくれるはず。
そう信じています。

後は先ほどのYahoo!知恵袋の
アンサーをプリントアウトして
読ませようかな。



真実を丸ごと知ってしまった時は
話しをしてあげるつもりです。
素敵な親子関係だなぁと、
読みながらもらい泣きしました。







リアルではなかなか言えないけれど、
ネットだから白状しちゃおう!

アラフォーになりましたが
私は今でもサンタの存在は
少しだけ信じています。
プレゼントは貰えなくなったけど、
どこかには居るんじゃないかな。

その思った方が楽しくないですか?(*'ω'*)


夫に
「サンタが私にもプレゼント
 持ってきてくれないかなー
 バッグでもコートでもいいんだけどー」
と話したら、これ以上ないほど
シラーっとした顔で見られたけど!
いいもんいいもん!(;´∀`)




長い文章に
お付き合いいただきありがとうございました!
皆様が、素敵なクリスマスを過ごされますように!







内藤寿七郎先生の文章はとても優しくて、
育児に悩んでいるお母さんの背中を
そっと押してくれます。
いつか先生のことを記事として
書きたいなと思っていたので、
この機会に先生のことを紹介できて
良かったなと思いました。

興味を持たれた方が一人でも
いらっしゃれば幸いです。

[PR]
by housework45 | 2015-12-11 11:23 | メッセージ | Comments(2)