タグ:レインボールーム ( 15 ) タグの人気記事

c0360042_1834481.jpg

c0360042_1834544.jpg


Youtube見ながら作りました。
YarnJourneyさんのデザイン。

ダリアの花のチャームです。

詳しいことはまた後で!
[PR]
by housework45 | 2015-06-15 18:25 | ハンドメイド | Comments(0)
c0360042_1647299.jpg

自分の中で配色・デザイン共にとても気に入っているブレスレットです。


c0360042_1647487.jpg


このブレスレットは、こちらのテキストに収録されているもの。
書店で見かけて、立ち読みで済ますつもりだったのが久しぶりに衝動買いしました。
配色とビーズの使い方が素敵で、大人カワイイ作品が沢山収録されてます。


c0360042_1647626.jpg


先ほどの作品はこちらのデザインをお借りしました。
配色は自分なりに工夫してみましたが、想像していた以上に
大人っぽい仕上がりになって満足。

この本を見るまでは丸大ビーズがラバーバンドに通せるなんて
想像もしてなかったので、とても参考になりました。


c0360042_1647299.jpg


こちらの作品は準備段階でビーズをラバーバンドに通す作業を行います。
その数全部で50本!根気と集中力のいる作業でしたが、
その後の編み方は以前編んだアゲハブレスレットと同じです。


この本に収録されている作品たちは
他のものも挑戦しがいがありそうなので頑張って作って、
子供に自慢してやろうと思います(笑)

[PR]
by housework45 | 2015-06-10 17:02 | ハンドメイド | Comments(0)
こちらのブログにレインボールームの収納について検索して
見に来て下さる方が多いので、2016年6月現在のゴムの収納方法について
まとめてみました。リンク一覧は下記の通りです。

 ・レインボールームの収納(Cクリップ) ←この記事です

 ***************

c0360042_2213776.jpg

ゴムの収納記事にCクリップの収納を一緒に書くのもなー…、と思ったので分けました。

Cクリップですが、画像の通り使わなくなったミニサイズのタッパーに
入れて収納しています。
大体90mlのサイズのタッパーです。


とはいえ、最近は丸カンでブレスレットの両端を閉じる方法を
覚えてからはCクリップの出番が激減…。
ところがゴムは欲しいのでクリップは増えていくばかり。

有名な ice ice baby bracelet を思いついた方には頭が下がります。
大量のクリップをなんとか消化しようと試行錯誤されたんだろうなあ。


[PR]
by housework45 | 2015-06-09 06:01 | 収納(ハンドメイド資材) | Comments(0)
こちらのブログにレインボールームの収納について検索して
見に来て下さる方が多いので、2016年6月現在のゴムの収納方法について
まとめてみました。リンク一覧は下記の通りです。

 ・レインボールームの収納(ゴム収納の考え方)←この記事です


 ***************


c0360042_12245229.jpg混色ゴムの収納


c0360042_221323.jpg単色ゴムの収納


どうして混色ゴムと単色ゴムの収納方法を別にしているかと言えば、
使用する目的が違うからです。


混色ゴム→お試しで購入。その中に気に入った色があれば単色で買う。
単色ゴム→ゴムを使う目的が(自分の中で)明らか。同じ色を一度に沢山使う。
     好きな色のゴムなので在庫を沢山置いておきたい。


そう考えると


混色ゴム→多くの色のゴムを見渡せる収納方法

単色ゴム→使いたい色のゴムを迷わず取り出せる、
     色の組み合わせをイメージしやすい収納方法


という感じで、分けた方がいいかなと思ったのです。


あくまで個人的な感想ですが、混色ゴムを分けて収納する場合の、
1本1本のゴムを分けていく時間はとても勿体ないと思います。
最初にゴムを分けたところで、好みでない色はすぐには使っていかない気がするので…。
(アイロンビーズの時に経験済)


私は混色ゴムは下記のようにして使っていきます。

1.混色ゴムの中からまずは気に入ったゴムを拾って作品を作る
2.そのうち、あまり好みでない色のゴムが目につくようにる
3・残った好みでない色のゴムを使い切れるよう、色使いを工夫して作品を作る


こうすると最初からゴムを分けなくても特にストレスなく使えています。


とても簡単ではありますが、ゴムの収納方法についての余談でした。
効率的にゴムを収納して、レインボールームを更に楽しめますように。


今よりも良い収納方法が見つかれば、また記事にしようと思います。

[PR]
by housework45 | 2015-06-09 05:59 | 収納(ハンドメイド資材) | Comments(0)
こちらのブログにレインボールームの収納について検索して
見に来て下さる方が多いので、2016年6月現在のゴムの収納方法について
まとめてみました。リンク一覧は下記の通りです。

 ・レインボールームの収納(単色ゴム)←この記事です

 ***************

c0360042_2213172.jpg

こちは単色ゴムの収納です。
他の方のブログでもよく見かける、100均の仕切り付ケースにゴムを
入れています。
大体1マスに150本ほど入ります。1袋のゴムの4分の1ですね。


c0360042_221323.jpg


こちらは明るい系統の色をまとめたもの。
シンプルなブレスレットに明るい色を差し色として入れることもあるので、
クリアと白・黒のゴムも一緒に入れました。


c0360042_2213427.jpg


中途半端に空いている中央のマスには作る途中のゴムのスペース。
この写真ではミニビーズを通したゴムを入れています。
これがどのようなアクセサリになるかは次回のお楽しみ…。


c0360042_221334.jpg


空いた大きいスペースは、メタルフックスペースです。
隣にあるトラ縞の持ち手のフックは、ゴムを中央に寄せたい時に使う、
手芸用のレースかぎ針。
作りたい時にここからすぐフックが取り出せます。


c0360042_2213253.jpg


色の種類が足りなくてスカスカですが、こちらは暗い系統、そして
表裏の色が違うゴムを入れています。
早く違う種類のゴムでマスを埋めたい衝動に駆られますね(^-^;


c0360042_2213478.jpg


以前妖〇ウォッ〇のキャラクターを作ろうとして途中で止めた名残。
ミニパーツが入っています。そのうち完成させたいな。


c0360042_2213626.jpg


そして、仕切り付ケースに収まらなかった予備のゴムは
最初に入っていた袋のままケースに立てて保管しています。
こうするとゴムの在庫も種類も一目で分かります
新しいゴムを追加する時も在庫が分かればダブリ買いは減るかも??

仮にゴムの種類が増えてもケース自体がスタッキングできるので
重ねていけば大丈夫です。
ちなみにこちらのケースはダイソーの
「積み重ね自由自在ボックス(大・浅型)」です。


こちらのケースには各袋ともゴムの量が半分ほどの状態で16袋ほど入っています。
ゴム代が幾らとか、計算したらダメですよ~ (^-^;

[PR]
by housework45 | 2015-06-09 05:57 | 収納(ハンドメイド資材) | Comments(0)
c0360042_0434849.jpg

レインボールームで蝶の形のチャームを作りました。
参考にした動画はこちら。 
(ちなみにMARIPOSAはスペイン語で蝶だそうです)


作ってみると、チェーン編みだけで構成されてるので
形を蝶に整えるのがとても難しい!
仕上げる時に上下左右にゴムを引っ張って形を整えるのがいいと思います。

正規のレインボールームのシリコンゴムで作ると柔らかくて
形が崩れるので、いっそのこと少し硬いゴムで形が崩れないように
する方がいいかな。


c0360042_155469.jpg


ちょっと分かりづらいですが、制作過程の写真。
動画では片方の下側の羽を作ったら右側の下の羽を…という順番でしたが、
私は片方の羽を一気に上まで作ってから別のフックに移して
もう一方の羽を作る方法でやっています。
こちらの方がフックの移動が少ないので。



c0360042_0434635.jpg


チャームを続けて編んで、ブレスレットに仕立てました。
見えにくいけどチャーム同士の間にビースも入れてます。

しかし、このブレスレットは手首に付けると
形が崩れやすいのでお勧めしにくいです…。
ストラップ・ピアスなどモチーフの形が分かるアクセサリに
仕立てる方が形が映えると思います。


c0360042_0434826.jpg




 ************

c0360042_0434468.jpg


今回のモチーフ、上側の羽は6本のゴムで構成されています。
ブレスレットに仕立てる時に実験も兼ねて
チャームごとに違う色のゴムを入れる場所を変えました。
個人的には3本目、4本目が蝶っぽさが出ていて好きかも。
1本目、6本目はモチーフのベースと仕上げに使うゴムだったので
避けました。

参考になれば。

[PR]
by housework45 | 2015-06-07 07:05 | ハンドメイド | Comments(0)
c0360042_74340100.jpg

試行錯誤してる訳ですが、なかなか難しい。
とりあえず半ば無理矢理チャームをつけてみました。
といっても、クロックスの前後するバンドの部分にゴムでくくりつけているだけです(笑)

けれど、ジビッツにするよりも大きめのチャームをつけることができるので
これはこれでいいのかも。


c0360042_7434088.jpg


チャーム自体はこちらの作り方を参考にしました

クロックスに結び付けるゴムを付けるために、中心にゴムを通した
ビースを入れています。


c0360042_7434289.jpg


こんな感じでバンドに結んでいます。
子供に聞いても、足に当たることもなくて気にならないそうです。


c0360042_74341100.jpg


バンドを後ろに倒すとこんな感じ。
後ろに倒して使うことを考えると
ちょっとチャームが大きすぎたかなー…?(苦笑)

ブラブラしやすいという点はありますが、
買い物などのお出かけ程度なら十分に
使えるんじゃないかと思います。

明日の記事ではバンドにチャームを留める方法を
書く予定です。どうぞよろしくお願いします。

[PR]
by housework45 | 2015-06-04 07:48 | ハンドメイド | Comments(0)
c0360042_7433953.jpg

レインボールームで新作ブレスレット。フックのみで作るタイプです。
参考にした動画はこちら。他の色の組み合わせも素敵です。→Autumn Leaves Bracelet

2周目の編み方が難しく、コツを掴むまでは
とにかく何度も見返ししました。


色合いを変えると蝶の羽のようなイメージだったので、
タイトルはアゲハブレスレットにしてみました。
ベースもしくは2周目のゴムの種類をペルシャンシリーズのような、
表と裏が違う色のゴムにすると模様の可愛さが一層際立ちます。
白一色とかパステル系の色のみとか、で作っても可愛いかも。

左側の緑と黒の組み合わせはスポーティー(サッカーチームの応援に使えそう(笑))、
右は落ち着いた感じになりました。
ちなみに右側のベースになっているゴムはペルシャン(紫)です。

割とゆるゆるふわふわなブレスレットです。
作り方のコツとしては、とにかくゴムをねじらない、ひねらないように、
シワができないように注意すると綺麗にできます。
後は2周目に編む部分はゴムを支える左手に力をかけすぎないことかなと思います。
力を入れてゴムを引っ張ってしまうとゴムをねじって編んでしまう原因になるので。

色んなゴムの組み合わせを試したいので、もう少し量産したいな。

[PR]
by housework45 | 2015-06-03 09:48 | ハンドメイド | Comments(0)
c0360042_19273019.jpg
c0360042_19273063.jpg

久しぶりにレインボールームをいじりました。
こちらはドラゴンスケール(竜の鱗)という編み方です。

参考にした動画はこちら (英語のみ)。

一つの目が大きいので、見た目よりは軽くて手に付けた時に
柔らかいです。

このドラゴンスケールを利用してデカリボンを作った画像を
見かけたので、次はそこに挑戦したいな。

[PR]
by housework45 | 2015-05-29 16:02 | ハンドメイド | Comments(0)
c0360042_12595784.jpg

レインボールームでミニバラのチャームを増産しました。
作り方は先日の記事で紹介したYarn Journeyさんのミニバラチャームを
作る動画にあります。

今回はこのモチーフを子供のサンダル(草履)の目印に活用したいと思います。


c0360042_12595783.jpg


三女の通う幼稚園では、夏場の履物が草履もしくはサンダルに指定されています。
こちらは園が指定しているミサトっ子草履です。

園で一括で購入したということは、同じ物を持っている子もたくさんいます。
同じような草履が並んでしまうと、上から見た時に自分の草履が分からなく
なることもあります。
新しい草履に買い替えるたびに鼻緒にチャームを付けているんですが、
折角なので今年はレインボールームで作ったチャームを目印に
してみようと思いつきました。


c0360042_12595810.jpg


鼻緒部分のアップです。輪っかになっているところがあるのが
見えるでしょうか? ここにレインボールームのゴムを通します。


c0360042_12595859.jpg


c0360042_12595971.jpg


こんな感じです。


c0360042_130067.jpg


ゴムの端を花の部分にくぐらせて留めます。


c0360042_130041.jpg


もう1つも同じように鼻緒の間からくぐらせて、留めます。


c0360042_13016.jpg


できあがり!

ここからはちょっとアレンジ。
右と左のチャームの安定感の違いが伝わるでしょうか?


c0360042_130167.jpg


右側のチャームは鼻緒に通すゴムを2重にして留めたものです。
こっちの方がゴムがきつい分、ズレが少なく安定しています。
歩いている時に揺れる方がお好みなら普通に留めてください。


c0360042_130211.jpg


2重に留めているところ。フックに引っ掛けている緑のゴムが
合計4本になっているのが見えると思います。


c0360042_130292.jpg


本当にできあがり!
途中で花を1つ足したり葉っぱを1枚追加しました。
幼稚園でも目印になってくれるといいな。


伸び縮みして足には負担がなく、
靴と一緒に洗ったとしてもすぐに乾く、
無くしても元が安価なゴムなので惜しくない、
レインボールームは、こうした子供の日用品・学用品の
目印として最適だと思いました。

これに気を良くして、次はサンダルの目印とクロックスへの目印も
制作中です。もうしばらくお待ちくださいませ。


[PR]
by housework45 | 2015-05-18 13:34 | ハンドメイド | Comments(0)

name : yoko45 ◆◆◆ 関西在住。3姉妹(小5、小2、年中)の母です。家、収納、子供のおもちゃや絵本、ハンドメイドのことなど。


by yoko45