タグ:子育て ( 51 ) タグの人気記事

張り紙は口ほどにものを言う

2016/1/15 追記
2枚目の写真が1枚目と同じものだというミスを発見したので
写真を差し替えました。大変失礼しました!



この台詞を冬休みに何回子供たちに言ったかな、と思い出してしまいます…(遠い目)


c0360042_11275346.jpg



こちらはリビングから洗面所に続くドア。

折角リビングをヒーターで暖めていても、

子供たちがドアを開ける→開けっ放し、なので寒気が流れ込んで寒い!



「ドアを 開けたら 閉めてよー!」



その度に子供たちに注意していましたが、あまりにもキリがなく…。

私も疲れてしまうし、子供たちも何度も注意されて気持ちいいわけがない。



そこで、駄目もとでこの張り紙を作ってドアノブの傍に貼りました。



たったこれだけなのに効果があって、


子供たちが高確率でドアを閉めてくれるようになりました!


また、大人も意識してドアを開閉するようになった気がします。





下の写真は、2階に続く階段とリビングを隔てているガラスドア。

子供が2階から降りてきた時に開けたままにしていることが多く、

こちらにも張り紙をしました。



c0360042_11275568.jpg



2階を主に使うのは長女と次女なので、張り紙も小学生向けに漢字を多めで。

難しい文字もありますが、次女も早い段階で何を書いてあるか理解してくれました。


洗面所は三女や小さいお友達も使うので平仮名オンリーの張り紙にしてます。


でも、客観的に見ると書き方がキツかったかも(;´Д`)





新しい習慣が定着するのに3週間ほどかかると言います。

様子を見つつ「ドアを閉める」習慣が定着するまでは貼っておこうかな。



何回も言うよりも1枚の張り紙だけで効果が出る時もあるんだと学んだ出来事でした。

とはいえ見た目は良くありませんが…(´・ω・`)





リビングから見るとこんな感じ。洗面所の入り口は廊下の突き当りのドアです。

見た目はアレですが、リビングから見える位置じゃないし仕方ないと割り切ります!



c0360042_11275123.jpg


遊びに来ていた次女の友達は、この張り紙を見て

「うちのお兄ちゃんもドアを開けっぱなしにして寒いから、

 お母さんに張り紙を頼んでみる!」

と張り切って帰っていきました(笑)






本日は読んでいただきありがとうございました♪
また遊びに来てくださいね。




ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければ下の画像をクリックしていただけると嬉しいです(*'ω'*)
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ


にほんブログ村 子育てブログ 子育てライフへ


いつもありがとうございます♪

[PR]
by housework45 | 2016-01-15 22:01 | 子育て・家族のこと | Comments(0)

積み木でシロフォン(次女の作品・積み木)

次女が積み木で面白い作品を作ってくれました。


その名も


「積み木でシロフォン」


なんのことかサッパリ分からないと思うので、

とりあえず写真を御覧ください。



c0360042_02215642.jpg
分かるでしょうか?



こうして玉を置いて


c0360042_02252330.jpg
トライしているのは長女



手を放してみると



c0360042_02255394.jpg



積み木で作った道を玉が転がっていくという作品。




c0360042_02260870.jpg


その際に積み木と玉が軽く当たって、カタカタと可愛らしい音が鳴るので

ベック社の「シロフォン付き玉の塔」にあやかって

「積み木でシロフォン」と名付けました(笑)





ちなみに、手前の仕切りを飛び越えたら合格なので、

なので先程の長女の放った玉は合格だそうです(笑)



c0360042_02265538.jpg
飛び出しちゃったので玉が写ってない




ちなみにこうして坂の手前で止まってしまって



c0360042_02272390.jpg

戻ってしまうと不合格でやり直し(笑)


玉を放すタイミングとか力加減でも変わってくるらしく、


きゃーきゃーハマっていました。


c0360042_02280920.jpg


使っている積木はニチガンオリジナルの無塗装積み木。

どうしてあのパーツを玉ころがしに使おうと思いついたのか、

子供の発想力って素晴らしいなと思わずにはいられません。






ちなみに三女もお姉ちゃんに触発されたのか


後ろで

c0360042_02233768.jpg


何やら坂道を作ろうとしています



c0360042_02240742.jpg



いくらなんでも急斜面すぎるかな(笑)



c0360042_02243826.jpg






本日は読んでいただきありがとうございました♪
また遊びに来てくださいね。




ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければ下の画像をクリックしていただけると嬉しいです(*'ω'*)
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ


にほんブログ村 子育てブログ 子育てライフへ


いつもありがとうございます♪

[PR]
by housework45 | 2016-01-09 18:13 | 子育て・家族のこと | Comments(0)

長女のトンデモ宣言&子供たちの積み木作品


今日が始業式だった、もしくは明日から始業式の学校も多いですよね。

我が家の子供たちの小学校は明日からです。



ところが、


「やらないといけない漢字ノートがまだ数ページ残ってる…」

という長女のとんでもない一言により、

彼女の宿題に付き合うことになりました(現在7日21時半)



それならそれで、もっと計画立てられたんじゃないのかなー ;つД`)

これで今度6年生になるのだから、先が思いやられます。

とりあえずブログの更新は彼女の宿題が落ち着いたらさせてください。




そして恐らく、前日までこんなことして遊んでたのも原因(;´Д`)



c0360042_13464302.jpg
長女作:キュービックスで作ったタワー(40cmくらい?)



c0360042_13455486.jpg
次女と三女の共作:積木で作った電車withディズニーキャラの乗客


作品のモデル


この積み方、百町森の相沢康夫さんの息子さんの作品です。
ネフ社のリグノとネフスピールを組み合わせています。
組み合わせるとこんなことも出来ちゃうんだ、と初めて見た時は驚きました。


この作品は車両の部分が動いて子供1人では積みにくいので、2人で協力していました。

モデルは電車だけだったのに、そこに人形を乗せちゃうのは女の子だなと思いました(*´ω`*)



アーティストな次女はこの時も面白い作品を作っていたので、

近いうちに紹介できたらいいなと思います。






そして、果たして長女は間に合うのか、次回の更新にご期待ください!(ヤケ)



本日のご訪問ありがとうございました。
また遊びに来てください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ村に登録しました。宜しければ1クリックお願いします。

[PR]
by housework45 | 2016-01-07 21:47 | 子育て・家族のこと | Comments(2)

積木の問題には積木を使う

新年早々、三女がドリルを前に唸ってました。
どうやら分からない問題がある様子。


子供のドリルによくある、「積んだ積み木の数を数える」問題で
つまづいてしまったみたいです。


c0360042_03294054.jpg
2問目と3問目がおしい!




「分からないなら実際組み立ててみたらいいよ」と、私が渡したのはネフ社のリグノ
こちらは5cm基尺の立方体の積み木なので、こういった積み重ねの問題にぴったり。



c0360042_12102096.jpg



「そっかー!やるーー!!」と、問題の図の積み木を組み立てていく三女。



c0360042_03301821.jpg



2問目は、表面の積み木の数しか数えていなかったので、
それを教えようと次女が先生になりました。




c0360042_03374688.jpg
「ここが惜しいよ!」と、丁寧且つ厳しい指導(笑)




自分が奥側の2個を数えていなかったと分かったので、早速マスを塗り足してます。




c0360042_03403014.jpg



こちらが最終問題。
うまく積み木を積めるかな?



c0360042_03284966.jpg



頑張って積んでいるために、写真がブレました(;´∀`)



c0360042_03371430.jpg




見事に積めました!



c0360042_03410018.jpg


積み重ねの問題は奥側にある積み木を把握しにくいので
本当の積木を使って実際に積んでみると分かりやすいですよね。


紙面上の積み木の図を見て考えるよりは
実際に積んでみる方が子供にとってはるかに楽しいし、分かりやすい



基尺が揃った積木が手元にあると、こういった場面でも使えます。

以前プラステンの記事でも書きましたが
「いつも遊んでいるおもちゃが、勉強で躓いた時に手助けをしてくれる」のは
とても素晴らしいことだと、しみじみ思います。










「良いおもちゃ」は、いつになっても子供の傍で子供を助けてくれるんだなと、
子供が小学校に上がって勉強が本格的になった辺りから改めて感じるようになりました。

次回はその辺の話が書けたらいいなと思います。


本日もお付き合いありがとうございました♪
またのお越しをお待ちしております。






関連リンク

こちらは楽天でネフ社の積み木等子供のおもちゃを扱っているお店です。
おもちゃへの情熱が素晴らしく、コラムも併せて参考にさせてもらってます。





[PR]
by housework45 | 2016-01-06 11:09 | 子供のおもちゃ・絵本 | Comments(0)

2015年 クリスマスプレゼント

子供たちにもサンタさんがやってきました!
子供たちがなにを頼んだかは↓の記事を御覧ください







クリスマス当日の朝、



「やったー!!!」

「サンタさん来たよー!」



と言いながらリビングへ降りてきた子供たち。


今年もサンタがやってきてご機嫌です(*´ω`*)



三女へのプレゼントは、約束通りミニーのトランプと青いカメラ。


特にカメラは頼んでいないのに届いたサプライズプレゼントだったからか、
興味津々で触っていました。

これからはお姉ちゃんと一緒に写真を沢山撮って欲しいな♪



c0360042_10431085.jpg



次女には、プレパラートのセットと顕微鏡の本。


c0360042_10431875.jpg



実は夫が小さい時買ってもらった顕微鏡が未だに実家に眠ってて、

それを次女に譲ってくれたので顕微鏡本体は既に持っていたんです!!



c0360042_10431543.jpg


顕微鏡でものを見るためにはプレパラートを作る必要がありますが、
小学生の技術でそんな高度なことはできないので、気を利かせたサンタが
既にプレパラートとして売ってあるものを渡してくれたみたい。


理科に興味のある次女。
色々なことに興味の幅を広げて欲しいなと思います♪


c0360042_10431434.jpg





以下はプレゼントの記録です



次女へのプレゼント




◆Vixen 顕微鏡アクセサリー プレパラートセット(楽天)




◆山村伸一郎 顕微鏡で見るミクロの世界

顕微鏡で見るミクロの世界 [ 山村紳一郎 ]

顕微鏡で見るミクロの世界 [ 山村紳一郎 ]
価格:1,728円(税込、送料込)




三女へのプレゼント

◆ミニーのトランプ


◆Nikon COOLPIX S33BL

【あす楽】 ニコン COOLPIX S33BL ブルー

【あす楽】 ニコン COOLPIX S33BL ブルー
価格:11,100円(税込、送料込)









ちなみに長女ですが、サンタは信じてはいるものの
今年はなかなか寝てくれなくて、日付が変わってから
サンタが来ることとなりました。


しかも朝起きたら


「昨日、プレゼントを置いた音を聞いたんだけど、あれはサンタさん?それともお母さん?」


とか言い始めたので、もうそろそろ危ないかも…。
来年はサンタさんがプレゼントを部屋に置けないんじゃないかな(;´Д`)

とりあえず今年のクリスマスも無事に終わってホッとしました。


[PR]
by housework45 | 2015-12-26 13:10 | 季節の行事 | Comments(0)

子供に・時間が来たら・すぐ動いて欲しいとき、使えるタイマー

昨日は、地元の整理収納アドバイザーさんが
主催された講座にお邪魔してきました。
新しい発見をしたり、今まで接点の無かった方と
出会えるので楽しいですね♪



帰りにハンズに寄って、2つの物を10数年ぶりに
買い足しました。


1つ目は、カウントダウンタイマー。
dretecさんのもの。
真っ白で美しい~♪


c0360042_12253003.jpg


以前から使っているタイマーとは、
既に10数年のお付き合い。
若干ボタンは押しづらくなりましたが、
今も生活に欠かせない存在です。

アマゾンでは旧型しか見つけられなかったので
そちらのリンクを貼っておきます。





c0360042_12253377.jpg


我が家では子供たちが勉強や遊びのタイミングを
切り替える際にこのタイマーが欠かせません。
以前記事にしたので、宜しければ読んでください。
旧型タイマーも写真に写っています。






このタイマーがどうして好きかというと、
10分前、5分前の予告アラーム機能が付いているから。
(設定等でオフにすることは出来ません)


この機能があるお陰で、子供が
大体の残り時間をタイマーの画面を見ることなく
確認できます


「耳で残り時間が確認できる」
つまりゲームをしていても予告アラーム音を聞けば
大体の残り時間が分かるということ。
これ、意外と重要!

特に5分前の予告アラームは
「今やっていることの片付け&次の準備」の合図にも
なるので大変重宝してます。



c0360042_12253691.jpg
見えにくいけど 4) のところに書いてあります。
外箱パッケージには書いてないので注意!



予告アラーム音は旧型・新型ともに
ピピ(10分前)、ピピピピ(5分前)で、
アラーム音は旧型がイッツ・ア・スモールワールド、
新型は普通にピピ、ピピ、ピピ、という音です。



そうそう、先程のアマゾンのリンクを見たらレビューが
ボロボロだったので驚きました(;´∀`)

「誰かに時間が来たらすぐに動いてほしい」時に
予告アラーム音があると便利で、我が家では常に
そういったシチュエーションだから合っていると
感じるのかも??





実は1日前に別の種類のタイマーを購入したんですが
予告アラーム機能が無く、子供が
「なんか変な感じがする」と違和感を訴えたので
私がキッチンで使うことになりました(;´∀`)


予告アラーム機能がうちの子供たちにとっては
大事な合図になっているんだなと感じました。
そして、思いがけず新しいキッチンタイマーが手に入って
ラッキー(笑)



c0360042_12253920.jpg
一緒に写っているのはアレッシイの楊枝入れフィギュア







2つ目に買ったものは
かれこれ3年ほど迷っていたもの。


これでーす( *´艸`)


c0360042_12254517.jpg


グローバルの三徳包丁!
ハンズに売ってあるものをずっと横目で見てて、
ようやく買うことができました。

以前使っていた包丁は20年のお付き合いで、
流石に切れ味も落ちてきたため
これを機会に処分することにしました。

この包丁とも長いお付き合いが出来ますように。



c0360042_12254742.jpg


まだ重さや切れ味に慣れなくて
四苦八苦してるので早く使いこなします!


[PR]
by housework45 | 2015-12-17 13:44 | 買ったもの・お気に入り | Comments(2)

我が家のサンタ事情

c0360042_18290470.jpg

先日からサンタ関連のエントリが多くて
申し訳ありません。
これで最後なので、宜しければ
お付き合いください。


我が家のサンタとの関係ですが、
私も主人も祖父母も
「会ったことはないから、分からない
「小さい頃にはプレゼントをくれていた」
「大人になるとプレゼントをくれなくなる」
「サンタのことを信じてくれる子のところに来てくれる」
と話しています。
子供に見栄を張る必要もないかなと思うので。


今は、子供と一緒に
私もサンタに欲しい物をお願いしています。
ツリーには子供と私の
お願いがぶら下がっているので、
七夕か!と夫にツッコミ入れられました(;´∀`)


ちなみにお願いしたのはコレ。
サンタは届けてくれるでしょうか?(笑)



もしかしたらプレゼントが届くかもしれないし、
届かないかもしれない。
けれど、やってみると意外と楽しいですよ(*´ω`*)





「大人だからプレゼントを貰えない」

と言っていたある日、次女が

「お母さんがプレゼントを貰えないのが可愛そうだから、プレゼントを買ってあげたい」

と言ってくれました。



嬉しいんだけど、
お金を使わせるのは勿体なかったので

「買うよりも次女が作ってくれたプレゼントがいいな」

と答えたら、こんなものを書き始めました。



c0360042_12325526.jpg
ちょっと描いたから!って言って一枚くれたもの。
写真ではなく、ScanSnapでスキャンしてます。



なんと、オリジナルの怪人図鑑!(予定)
折り紙の裏に描いてあるのが勿体ない力作。
こんなのがあと20ページくらいあるんですって。


だがしかし、造形といい必殺技といい、
どこかで見たことあるなと思ったら↓でした。
大好きで毎日見てるからかな(;´∀`)





面白い怪人が沢山描けたら、本の形式にしてあげようかな。
お金には替えられない素敵なプレゼントが貰えそうです♪

[PR]
by housework45 | 2015-12-15 00:05 | メッセージ | Comments(0)

「サンタはいるんだよ」

c0360042_10480893.jpg
数年前に子供が作ったヘクセンハウス。「夢のおうち!」だそうな。



最近、merci!さん宅で繰り広げられていた
サンタの真実についての攻防を書いた記事と、
それに応えたwelcome to my home!さんの
記事を読みました。







関連リンク




私も小6までサンタがいると思っていました。
とはいえ、半信半疑ですが。
けれどその年のクリスマスに
サンタの真実を知らされて
ショックを受けました。


先程のYahoo!知恵袋の回答が素晴らしいのは、
真実を丸ごと告げていないこと、
どこかにサンタの存在を信じられる
余地を残してあげているからでしょう。







子供から「サンタはいるの?」と聞かれたら
どんな風に答えようかなと考えた時、
思い出した本があります。


内藤寿七郎さんという
長い間小児科医として活躍され、
日本人で初めて
シュバイツァー賞を受賞された方が
書かれた著書、「育児の原理」です。


この本には一貫して
子供を1人の人格として向き合うには、
親はどうあるべきかが書かれています。







その中の2項目の一部が
参考になりそうだったので
引用させていただきます。




~内藤寿七郎 「育児の原理」 p245「どうして?」より一部引用~


子供の質問に正確に答えようとすると、
親もわからなくて、
つい「そんなこと、子供は知らなくてもいいのよ」とか、
「うるさいわねえ」などという、そっけない返事になってしまいます。
また、忙しいときや、他に気をとられているときも、ついうるさがって、
つっけんどんな返事をしてしまいがちになものです。
しかし、その時の子供の気持ちを考えてみてください。
子供は世の中で一番信頼しているお母さんに、
どんなことを聞いても答えてくれると信じて質問してくるのです。
このとき、いつもやさしく答えてやることは、大変大切なことで、
子供は、お母さんを通して人間全体への信頼感を育てているのです。

反対に、いつも「うるさいわねえ」とか、
「そんなこと知りません」などと返事されたらどうでしょう。
子供の知ろうとする意欲は失われ、
せっかく伸びかけた考える力も摘まれかねません。





~内藤寿七郎 「育児の原理」 p309「お母さんのウソつき!」より一部引用~


一時しのぎのウソや、その場かぎりのウソは、
子供でもすぐ見破れるものです。
昔から "子供だまし” ということがいわれています。
子供は、だますものではなく、教えさとすものです。
ウソも方便などとの俗語は、育児の場合禁物です。

親たちや大人が、心にもないことを言っていることは
二歳児でもちゃんと見抜けるのです。
二歳児をあなどってはいけません。
甘く見ていると、あとで手酷い反撃をくうことさえあります。
このことを、しっかりと頭に入れておかなくてはなりません。

子供は、信頼には信頼でこたえます。





「どうして?」の項目には、
子供の質問にはファンタジーもふまえて
返答すればよい、正確に答える必要はない
という意味合いのことも書かれています。
「どうして雨が降るの?」と聞かれたら
「神様が水まきをしてるのかな?」などと
答えてみてはどうでしょう、と。







真実を告げる際には、
一時しのぎで適当な作り話をしては
子供に失礼です。


けれど、サンタのことを
子供が本気で信じなくなるまで
無理に真実を告げる必要も
無いのかなと思います。


子供がその存在を想像できる余地を
最後まで残してあげたとしても
誰の損にもならないでしょう?



「サンタはいるよ。
 サンタがいると心から信じている子のところには来てくれるよ。

 けれど、大人になってくると色々分かってくるから
 サンタの存在を心から信じられなくなってしまう。

 サンタは子供の「信じる」力がエネルギーだから
 信じられなくなった子のところには
 サンタは来れなくなってしまうの。
 
 信じられなくなったのは、あなたが大人になった証拠。
 でもそれは、決して悪いことじゃないよ。

 サンタは来れなくなるけれど
 大人になってくれたことがお母さんは嬉しいよ」



私が子供に聞かれたら、
こう答えたいなと思います。
どこかに「サンタはいる」という
可能性は残してあげたい
真実を告げる怖さもあるけれど、
子供たちはきっと分かってくれるはず。
そう信じています。

後は先ほどのYahoo!知恵袋の
アンサーをプリントアウトして
読ませようかな。



真実を丸ごと知ってしまった時は
話しをしてあげるつもりです。
素敵な親子関係だなぁと、
読みながらもらい泣きしました。







リアルではなかなか言えないけれど、
ネットだから白状しちゃおう!

アラフォーになりましたが
私は今でもサンタの存在は
少しだけ信じています。
プレゼントは貰えなくなったけど、
どこかには居るんじゃないかな。

その思った方が楽しくないですか?(*'ω'*)


夫に
「サンタが私にもプレゼント
 持ってきてくれないかなー
 バッグでもコートでもいいんだけどー」
と話したら、これ以上ないほど
シラーっとした顔で見られたけど!
いいもんいいもん!(;´∀`)




長い文章に
お付き合いいただきありがとうございました!
皆様が、素敵なクリスマスを過ごされますように!







内藤寿七郎先生の文章はとても優しくて、
育児に悩んでいるお母さんの背中を
そっと押してくれます。
いつか先生のことを記事として
書きたいなと思っていたので、
この機会に先生のことを紹介できて
良かったなと思いました。

興味を持たれた方が一人でも
いらっしゃれば幸いです。

[PR]
by housework45 | 2015-12-11 11:23 | メッセージ | Comments(2)

「良いおもちゃ」って何ですか?

「良いおもちゃ」って何ですか?
「知育玩具」って何ですか?


c0360042_12102096.jpg


そんな問いかけに、
長女を出産したころに出会いました。
10年ほど前かな。

友人が貸してくれた本、
「百町森」で活躍されている
おもちゃデザイナー相沢康夫さんの著書
「好きッ!絵本とおもちゃの日々」の中の一節でした。




相沢さんは一貫して
「おもちゃはホンモノであるべき」だと
唱えていました。
大人が本気で楽しめるおもちゃでないと、
子供騙しのおもちゃでは
子供はすぐに見抜いてしまう。



以下のインタビュー記事も宜しければ
読んでみてください。
一部抜粋したものを転載します。



”子供をバカにした、
あるいは子供に迎合したような
玩具は好きではありませんし、
いい玩具とは言えないと思っています。
キャラクターさえ付いていればいい、
どうせすぐ壊すのだから簡素でいい、
そういう考えで作られた玩具です”
ならいごと.jp 相沢康夫インタビューより


自分が思い描いていた
「おもちゃ」の価値観との違いに気づき、
もっと真剣に子供のおもちゃを
選んであげようと思ったのを
今でも覚えています。






おもちゃを選ぶ時の基準として
読んでいたのが以下の2冊。
おもちゃ選びの指南書です。

c0360042_12092087.jpg




「プーおじさんの子育て入門」は
百町森のHPで「子育て便利帖」として
一部を見ることができます。
そちらも興味があれば是非読んでください。




私自身もこれが全部出来ている訳ではなないですが、
少なくともおもちゃを選ぶ時はこれらの本や
コラムに書いてある事を意識していました。

小学校に上がった辺りからは基準を大分緩くして、
音が出たり電子系のおもちゃも買うようになりましたよ。





長女が1歳半の記念に購入した
シロフォン玉の塔。
今でも子供たちが大事に使っています。
傷むことも、音が出なくなることもありません。

c0360042_12102322.jpg

値段は確かに高いです。

「高いから良いおもちゃ」ではなく
「良いおもちゃだから高い」のです。

それだけの使用に耐えうる頑丈な作りと
子供を飽きさせない魅力があるものが
「良いおもちゃ」である所以だと思います。

他にも以前紹介したプラステンや小さな大工さんも
同じく「良いおもちゃ」であると、先の本でも
紹介されています。
我が家でもそれぞれのおもちゃを
8年前、5年前に購入しましたが、
飽きることなく遊んでいます。








これは安価で楽しめる良質おもちゃ。
コンビから出ているコップがさねです。

我が家では10年使ってて、流石に
積み重ねはしませんが
子供は今もままごとの道具に使ったり
手品師のマネをしたりするのに
使っているみたいです。
現在も販売してますね。
1歳前後のお子さんのプレゼントに♪




c0360042_12101838.jpg


トップの写真に載せていたのは
ネフ社のリグノ。
同時にネフスピールも購入したものだから
一時期財布が死にそうになりました(;´∀`)

けれど何年経過してもとても美しい。
今も子供たちは楽しそうに積んでいます。
「ずっと飽きずに遊んでくれる」姿が見れるのも
「良いおもちゃ」だからなのでしょう。


c0360042_12102096.jpg


キュービックスまでは持っているので、
後はセラとアングーラが欲しいんですが、
サンタさん来ないかな…(;´∀`)





ちなみにプラレールとトミカも、
三女が好きなので少量ですが持ってます。
プラレールは電池で動くため
「子育て便利帖」の基準からは
外れているかも知れませんが、
子供が喜ぶのでそこは基準を
緩くしてます( *´艸`)






◆キャラクター商品を与えない、について

先の柿田さんのコラムに
上記の言葉が出てきました。

誤解のないように書いておくと
我が家にはキャラもののおもちゃも
沢山あります。
キャラものである点を抜いても
子供が好きなタイプの
おもちゃだと、よく遊んでくれますよ。

我が家でも
子供もがそのおもちゃで遊ぶのは
おもちゃそのものが好きなのであって
「そのキャラが載っているから」
という理由では無い様子でした。
動機づけとして「キャラが載っている」
ということはあるみたいですが。

柿田さんが仰りたいのは
「適当なおもちゃを
 ”子供があのキャラが好きだから”
 という安易な理由で買わないで」
という意味なんじゃないかと解釈してます。

[PR]
by housework45 | 2015-12-09 13:17 | 子供のおもちゃ・絵本 | Comments(2)

子供たちへのクリスマスプレゼント

クリスマスが近づいてますね。
子供たちも毎日アドベントカレンダーを
開きながら、楽しそうに待っています。


c0360042_09561826.jpg


我が家では

両親→クリスマスディナー
祖父母→おもちゃ、もしくはお金
サンタ→プレゼント

というスタイルできてます。
親はプレゼントを用意しない代わりに
ディナーをプレゼント♪

少しだけ豪華は料理を出すので、
とても楽しみにしてくれてます。
手抜きだけど(笑)







毎年、主人の祖父母からは
ちょっと早めのクリスマスプレゼントを
いただいてます。
買うと早く渡したくて仕方ないらしい(笑)
今年は以下のものでした。


長女→ネイビーのダッフルコート

ダウンは持っていたけどコートは
持っていなかったのでおねだり。
「大人っぽい!」と喜んでます。
高学年になると洋服やアクセも
ありですね。



次女→リカちゃんの洋服

リカちゃんハウスやその他のお店屋さんは
結構持っているので、今年はリカちゃんの
洋服をセレクト。
着せ替えの幅が広がったし、親としても
これ以上ハウス類を広げられると困るので
助かりました(;´∀`)

ちなみに昨年貰ったリカちゃんハウスはこれ。


c0360042_04104264.jpg
↑実際はめっちゃデカイ






「ピアノのついてるおうちがいい!」

というので何も考えずに義母に伝えたら
物凄いサイズ感のおうちが届いてびっくり。
値段を見て更にびっくり!(;´Д`)
おばーちゃん無理して買っちゃダメ!



三女→ラジコン

祖母がトイザらスで購入。
大型の車両タイプのラジコンを
コントローラーをガンガン握って
運転してます。
近所の男の子にも好評なので、
これはこれでアリかな…(;´∀`)


昨年、サンタが長女へと持ってきたのが
下のタイプのラジコン。
ピンク色が入っているので女の子が
持っても大丈夫♪

汚れても丸洗いできるんですよ!
したことないけど!



c0360042_04003252.jpg






今年の三人のお願いは


長女(小5)→漫画「12歳」

友達に読ませてもらってキュンキュンしたので
自分用にも欲しいとか。
サンタにお伺いを立てると
「基本頼まれたプレゼントは断らない」
と男前なことを言うので、持ってくるはず。

後は、ずっと欲しいと呟いていたカクノという万年筆
お小遣いが無くなってしまうからと諦めていたのを、
サンタはちゃんと見てるんだよ。



三女→ミニーちゃんのトランプ

と、キラキラした目で返答されました!
そんな安い物でいいのかと思い、
いいの?サンタだよ?と再度質問しても

「ミニーがかわいいからいいの!」

と、断固として譲らない。
しかも探したらあったという…(笑)
凄いねアマゾンサンタ!



c0360042_03404874.jpg
↑画像はアマゾンサンタからお借りしてます




しかしこれでは余りにもショボ過ぎるので
サンタは甘いのです(笑)


c0360042_16040096.jpg
↑これの青バージョン





次女→顕微鏡??


「サンタには顕微鏡を貰うの!」


なんて言ってますが、
理科に詳しい方に言わせると
1万以下の安物の顕微鏡では
対象物がハッキリ見えないんだとか。


「最低でも3~5万からだよ」


とか言われたら
サンタさん困っちゃうネー(´・ω・`)


サンタが何を持ってきたか、お楽しみに!?





そろそろクリスマスなので、次回あたりから
我が家で長い期間遊んでくれているおもちゃや
小学校に入ってからのサンタのプレゼントについても
記事が書けたらいいなと思います♪


[PR]
by housework45 | 2015-12-08 04:29 | 買ったもの・お気に入り | Comments(0)