インテリアや収納の特集が載っている雑誌は、
目にすると気になってしまいます。
今回は2冊ほど購入して目を通しただけの雑誌があったので、
整理することにしました。

c0360042_09442610.jpg


c0360042_09445766.jpg
↑東いづみさんの掃除の特集。




雑誌の整理の方法は至って簡単。
「解体作業」と称し、
表紙を残して、中身のページの不要な部分を
どんどん切り取っていくだけ。
下の写真、解体作業の途中ですが
特集ページの間の部分が若干抜けているのが
分かるでしょうか?

c0360042_09450065.jpg

広告、興味の無い特集、読者ページなどを中心に
切り抜いて捨ててしまいます。


c0360042_09450414.jpg

解体作業をした後の雑誌はぺったんこ(笑)


c0360042_09450800.jpg

解体してぺったんこになった雑誌は
ジャンル別に分け、無印良品のクリアホルダー
入れて収納します。


表紙を残して収納しているので
開くだけでその号がどんな特集だったのか思い出せるし
見たい特集にすぐアクセスできるので
雑誌に関してはずっとこの方法です。


今回の雑誌もファイリングしました。

c0360042_09451035.jpg

インテリアのホルダーでは、最古のものが
8年前のクロワッサンでした。懐かしい!
その時は収納を特集した雑誌でも
「持っている物をうまく収納」する特集が
多かった中、「不要な物は捨てていく」という
考え方をこの特集で知りました。
私の整理収納の考え方の原点であり、今でも
時々読み返しています。
もうボロボロです(苦笑)

c0360042_09451225.jpg
↑手持ちの中では最古のクロワッサン


c0360042_09451333.jpg
↑発行日が8年前の日付でした。家を新築したのと同時期だったなー。




[PR]
by housework45 | 2015-10-28 10:08 | 整理収納(その他) | Comments(0)

料理本も許容量を決める

レシピ整理シリーズ(勝手にシリーズ化(笑))、ラストです。
今までの記事たち。



週末にレシピ本棚の整理をしました。
左側に置いているのがレシピバインダーです。


c0360042_11542530.jpg

パントリーの一部を本棚にしています。
本棚代わりにしているのは
当時は高くて本当に思い切った買い物だったんですが、
これのお陰でパントリー内に料理本コーナーを設けることが
出来ました。


c0360042_11543085.jpg

料理本を集めるのが趣味だったんですが、
レシピ整理をする時に、買ったけれど余り活用できていない
料理本もリサイクルに出すことにしました。
逆に処分できないのは「おかずのクッキング」の月刊本。
土井先生のコラムが大好きなんです。

ともかく、今後レシピ本はこの本棚に収まる量を
許容量と決め、新しく増やす時は古い物を処分するようにします。


c0360042_11543256.jpg

リサイクルに出す本たち。
お世話になりました。
作ったことのある・今後も作るだろう料理のページは
写してレシピバインダーに移動させました。





おまけ。


c0360042_11542839.jpg
↑料理本コーナー全景


今度また改めて紹介はしますが、パントリー全景は
こんな感じ。使っているのは全て無印良品の収納用品です。
(右上に子供のエプロンが写ってますね(;´∀`))

ポリプロピレンケース・引出式・深型×4
ポリプロピレンケース・引出式・深型・仕切り付
ポリプロピレンケース・スチールフレーム・深型
重なるブリ材長方形バスケット・中


パントリー自体が奥行65cm、棚板の奥行55cmの
奥行が深すぎる棚でした。
今はこうして無印のケースを入れ、手前側の
空きスペースはレシピバインダーを置いたりして
活用してます。

この下部分が、子供たちのおやつコーナーです。





この記事を書く際に無印のサイトを覗いたら
ポリプロピレンケース・深型にホワイトグレーが!!
店舗限定だし、扱ってる店舗も少ないですが
いつか全国展開してほしいですね。
これならリビングに堂々と置けそう♪

[PR]
by housework45 | 2015-10-19 12:25 | 整理収納(キッチン) | Comments(0)
c0360042_07274212.jpg

実はレシピバインダーが増殖しました(;´∀`)
何故かと言うと、すっかり存在を忘れていた
レシピたちが沢山出てきたからです…!


c0360042_00501691.jpg
↑これ。100枚近くありました…


c0360042_00501840.jpg
↑以前レシピを入れていたジャバラケース

それもそのはず、そのレシピたちは100均の
ジャバラケースに押し込んでいたから。
一応のジャンル分けはしてたものの、これでは
取り出しにくいし見ないなぁと、今なら思います。
実際忘れていたし…(;´∀`)


c0360042_00502394.jpg

しかも、よく見たらフォーマットが今のものと
微妙に違います。5年ほど前にプリントアウトした
レシピたちですが、材料がセンターに載っています。
(現在は左側)
2枚割り付け印刷にしているものもあったりと
フォーマットがバラバラだったので、
レシピの要・不要の判断をすると同時に
レシピを検索し直し、再度プリントアウトしました。
(この作業が一番時間がかかった)


 ***************


その結果、レシピの数もジャンルも増えたため
バインダーとインデックスを買い足して
2つに分けました。
写真の左側が食事メニューのレシピ、
右側がスイーツやパン、ピザのレシピです。

c0360042_07274400.jpg

改めてレシピのジャンル分けの紹介を。
各バインダーに10枚組のインデックスを2組分、
それぞれ20ジャンルに分けています。

ジャンル分けとラベリングは本当に面倒だったけど、
一度やってしまえば今後はすぐに欲しいレシピに
アクセスできるので頑張りました( *´艸`)



食事ジャンル1
c0360042_07274624.jpg

c0360042_07274925.jpg

・牛肉
・豚肉
・鶏肉
・ミンチ
・魚貝類
・ライスメニュー(カレー、丼ものなど)
・中華(餃子、炒飯、天津飯など)
・麺類(パスタ、焼きそば、冷麺、素麺、にゅう麺)
・野菜
・小鉢


「いかにも中華のメニュー」と判断できるものは
材料ジャンルのミンチや野菜等ではなく、
ざっくりと「中華」のジャンルにしています。
「麺類」のジャンルにある「にゅう麺」とは、
温かい素麺のことです。お味噌汁に入れても美味♪


食事ジャンル2

c0360042_07275161.jpg

c0360042_07275358.jpg

・スープ、汁物
・粉モノ(たこ焼き、お好み焼き)
・ソース、調味料
・弁当(行楽弁当も含む)
・おつまみ、おもてなし
・漫画レシピ
・料理家レシピ
・母レシピ(母の直筆レシピ)
・おせち
・保存食(味噌、梅干し、など)


関西人のお約束、タコ焼きやお好み焼きは
「粉モノ」ジャンルに入れました。
「ソース、調味料」ジャンルには
マヨネーズやお好み焼きソース、ケチャップの
レシピを。

この先、あまりにバインダーが分厚くなったら
母レシピ・おせち・保存食は他のバインダーに
移すつもりです。(出番が限られるので)


 ***************


ここからはスイーツバインダーの紹介


スイーツジャンル1

c0360042_07275506.jpg

c0360042_07275755.jpg

・食パン
・成形パン
・菓子パン
・惣菜パン
・ピザ
・ホットケーキ
・クッキー
・プリン
・ドーナツ
・和菓子


スイーツジャンル2(こちらは少ないです)

c0360042_07275994.jpg

・ジャム等
・漫画レシピ
・料理家レシピ
・季節もの


季節ものは、季節の食材を使ったスイーツです。
イチゴのババロアとか、マロングラッセとか。
今後ジャンルが増えていくことを考えて、
少しスカスカさせました。


 ***************


これで、本当にレシピの整理は終わりです。
年末までに終わらせられて良かった!
これからはおせちのレシピたちが活躍しそうです♪




[PR]
by housework45 | 2015-10-17 17:32 | 整理収納(キッチン) | Comments(0)
c0360042_1785219.jpg

今月号の雑誌版おかずのクッキングを買いました。
土井先生は料理に対する真摯な姿や、おもしろおかしく
料理や食材のことを教えてくれるので大好きな料理研究家の一人です。


今月号のタイトルは「乾物を使いこなす」。
乾物を使いこなせるのってベテランの主婦っぽくって素敵…(*'ω'*)

こちらにはそれぞれの乾物の栄養や、アレンジレシピも掲載されてるので
タイトルに偽り無さそうです。
子供たちは既に高野豆腐の煮物は大好きなので、それ以外の
味付けや他の乾物の味に慣れていってくれたらいいな。


c0360042_1785395.jpg


中表紙に掲載されていた土井先生の言葉。
こんな風に考えられるようになりたいです。


c0360042_1785375.jpg


少し前のおかずのクッキングですが、こちらも大好き。
今でも煮豆の時はこの雑誌を引っ張り出して作ってます。
これのレシピのお陰で煮豆の甘煮が上手に作れるようになりました。


c0360042_1785448.jpg


こういった料理本の内容を上手に取り入れて自分のものにして、
家族の味にしていけたらいいですね。

[PR]
by housework45 | 2015-05-23 20:11 | 買ったもの・お気に入り | Comments(0)

name : yoko45 ◆◆◆ 関西在住。3姉妹(小5、小2、年中)の母です。家、収納、子供のおもちゃや絵本、ハンドメイドのことなど。


by yoko45