2015/12/4 下部に写真3点追加


購入して数日ですが、今ではこれが無い生活が
信じられないくらい大事な相棒!


今回は、室内でのホコリ除け&外出時に持ち運べるように、
ScanSnap iX100のケースを作りました♪


c0360042_02080777.jpg


作り方の参考にしたのは以下の記事です。
御二方ともScanSnapアンバサダーさん。
素敵なアイディアをありがとうございます!








本当に簡単なんですが、
ScanSnapケースの作り方です。

まずはセリアで一番大きいサイズの
クッションケースを購入しました。

c0360042_02063808.jpg
↑色はシンプルに黒



タブレットPCが入るサイズです!
サイズ間違いが無いように!


c0360042_02065461.jpg


c0360042_02073105.jpg
サイズを確認してください



宮原さんの記事を参考にScanSnapをケースに入れて
サイズを測ります。



c0360042_02073344.jpg


必ずファスナーを閉めた状態で測定してください。



c0360042_02073580.jpg


大体の場所が決まったところで
チャコペンなどで線を引きます。


c0360042_02073805.jpg


今回はファスナー下部のラインから
10cmのところに決めました。



c0360042_02074051.jpg


c0360042_02074274.jpg


先程チャコペンで線を引いた場所を
ミシンでガーっと縫っちゃいます!
ミシンの写真は撮影し忘れ~(;´∀`)



c0360042_02075092.jpg


縫った部分より下は不要なので切り取ります。
紗代さんの記事の様に、切り取らずに表に返して
ケースの仕切りとして利用するのもアリですね♪

このままだとケースのクッションの中身が丸見えなので、
バイアステープを縫いつけようかな…



c0360042_02075275.jpg


実は、10cmの位置に決める前に
12cm、11cmと縫ってました(;´∀`)
3回縫いなおした結果、
10cmもしくは9cmが良さそうです。


c0360042_02075479.jpg



ケースができました!
所要時間5分!(笑)


c0360042_02075739.jpg



このままでは普通のケースなので、
少しアレンジを加えていきます。

余っていたレーステープ(100均のもの)と
を使用。


c0360042_02075955.jpg


レーステープの裏側にボンドを付けて、付属のヘラで伸ばしたら…


c0360042_02080169.jpg


ケースにペタリと貼ります! 
このままでも可愛くなったけれども、シンプル過ぎるので…


c0360042_02080304.jpg



レースのドイリーを作って
(糸とレシピはフェリシモのもの)


c0360042_02324129.jpg

ボンドで貼って出来上がりー!


c0360042_02080777.jpg


私のレベルではこれが限界( ;∀;)
ですが、アレンジを加えることで
愛着のあるケースになりました♪

本体同様、ケースも大事にしたいと思います(´ω`*)






2015/12/04 写真を3点追加

先程の写真は夜中に撮影したので、
下の写真を明朝に撮影しました。
電灯の下だろうが陽の光が
あろうが、写真が下手で泣きますね( ;∀;)


c0360042_09284284.jpg


先程書いたScanSnapを入れた時の
ケースの余裕、ですが
実際はこんな感じになります。
もう少しぎゅうぎゅうに入れたい場合は
9cmのところで縫うのが良いかと。



c0360042_09285777.jpg



裏側にはネコのアップリケを
付けました。
園バッグを作った時の余りです( *´艸`)



c0360042_09292673.jpg

[PR]
by housework45 | 2015-12-04 09:37 | 整理収納(その他) | Comments(0)
子供が小学生になると、とにかくハンコが
必要になってきます。


・日々の連絡帳の確認印
・本読みカードの確認印
・アレルギー食品の有無表
・イベントへの参加or不参加の返答

などなど。


c0360042_02393904.jpg


必然的に子供も私も
文房具置き場から
ハンコを取り出す機会が増えます。


ハンコは今までは無印のペントレーに
横置きでした。


c0360042_09170809.jpg


そこまで不便では無かったんですが、
100均で売っている小さいサイズの
ハンコがペントレーに入り込んでしまい
取り出す時にモタモタするのが
気になってきて。


c0360042_09160682.jpg



そこで今回は、
ハンコ立て&
マステが1つ入るケース
作りました。



c0360042_02394917.jpg


マステケースは、マステが
1つだけ入る大きさ。
何故マステ1つだけなのかは後述します。

サイズはばっちり!

c0360042_02395181.jpg


実はこのハンコ立ての正体は
マーブルの空き箱


c0360042_02380646.jpg


マステケースは
シチューのルーの空き箱です。

こちらの記事でちらっと写っていました


c0360042_02393315.jpg






簡単ではありますが、
それぞれの作り方です。


c0360042_02395181.jpg


まずはハンコ立て。
ハンコが2本あるので
2本分作っていきます。


1.箱の黒い模様に沿って
  カッターで切り込みを入れ、切ります。
2.1.で作った箱の長さに合わせて
  もう一方の端も切ります

*手持ちのハンコの長さに合わせてください

c0360042_02400235.jpg

後は切ったマーブルの筒の側面に
飾りのマステを貼っていくだけです。

ですが、このまま無印良品のペントレーに
入れてしまうと、底板が若干大きいため
仕切り板がたわんでしまいます。

私は強引に入れましたが(苦笑)

c0360042_02390660.jpg
↑若干仕切りが曲がってるのが分かります?



気になる方は下の写真の様に
底板を外してからマステを
巻きつけてください。

この場合は側面の強度が落ちるので
取扱いに注意してくださいね。


c0360042_02391834.jpg


飾りのマステを隙間なく巻いたら
こんな風になりました。


c0360042_02383678.jpg


これを文具入れの引き出しに
収めます♪


c0360042_02391713.jpg


早速次女がハンコを探しにきたので
モデルになってもらいました(笑)

「立ててあると取り出しやすいね!」だそうです♪



c0360042_02393904.jpg




そして、マステケースのはなし。

私は食品ストッカーの中に
文房具を幾つか入れています。



c0360042_21422546.jpg
↑冷蔵庫の隣にあるのがストッカー



子供の宿題や学校からのアンケートを
キッチンで書くことも多く、
この場所にも文具をスタンバイさせてます。

文房具を入れているペン立てがこちら。


c0360042_02400554.jpg


中の文具は
 ・ハサミ(食品包装等を切るため)
 ・フリクションペン(カレンダー用)
 ・ボールペン
 ・ハンコ
 ・マステ


何故マステが1本だけあるかというと、
冷凍野菜や常備菜を作った際に
タッパーやジップロックに
「作った日付」を書いて
貼る時に使うからです。

ハンコ・マステ、共に頻繁に
使うんですが、見ての通り
高さが無いのでペン立ての下の方に
沈んでしまっていました。


これを解消すべく、
ハンコ立てとマステケースを
ペン立てに取り付けちゃいます!



マステケースを作っていきます。

空き箱をマステの幅よりも
少し小さくカットします。
実際は1cmくらい短いかな?


c0360042_02394172.jpg

更にその箱を、
真ん中のあたりで切ります。


c0360042_02394216.jpg


切ってできた2つのパーツを重ねます。

この幅はお好みで。
ちなみに下の画像では後々
マステが入れにくかったので、
最終的に作りなおしました(´・ω・`)

幅の長さの参考にはしないでください。


c0360042_02394412.jpg


下の写真の状態だと、飾りのマステを巻いた後は
マステが入れにくくなってしまうので注意!



c0360042_02394642.jpg


後は、隙間が無いように
飾りのマステを側面に貼っていきます。
ちなみに使用しているのは無印良品のマステ。


c0360042_02394917.jpg





次に、ハンコケースとマステケースを
ペン立てに固定します。

両面テープで留めてもいいんですが、
取り外しできるように、
今回はダブルクリップで固定
クリップでケースとペン立てを
一緒に挟みます


クリップの取っ手の部分は
ケースの中に折り返します。


c0360042_02395531.jpg


…とはいえ先ほど書いたように
このプロトタイプのケースだと
マステはギリギリしか入らない、
ケースとの隙間が空いている、と
不完全になってしまいました(´・ω・`)


c0360042_02395776.jpg


そこで余っていたシチューの箱で
マステケースをもう一つ作りました。

完成形がこちら!


c0360042_02395916.jpg


マステケース自体がマステよりも
大きいので、取り出しやすくなりました。
こういったカスタマイズをして、
自分が使いやすくなったら嬉しいですね♪






この後で
カスタマイズしたペン立てを
夫に自慢したら

「うちにノッポさんがいる」

とポツリと呟かれました。

このネタ知ってる人
いるのかな~(;´∀`)



[PR]
by housework45 | 2015-11-30 09:30 | 整理収納(その他) | Comments(2)
c0360042_01250267.jpg


玄関クローゼット内で使う、三女のハンカチ入れを自作しました。


c0360042_01245031.jpg

材料は空になった牛乳パック2つ。
それらをよく洗い、消毒スプレーで綺麗にしてから乾かします。
注ぎ口部分は切り落とします。


c0360042_01245317.jpg


更に側面の一部もカットしました。


c0360042_01245606.jpg


両サイドから重ねてテープで留め、箱の形にします。
(収納する場所の幅に合わせて長さを少し短くしました)


c0360042_01245995.jpg


引き出しの中で使うものですが、半透明プラスチック製の収納引き出しのため、
表からは透けて見えてしまいます。
とりあえず見える部分だけはマステでおめかし。


c0360042_01250267.jpg


三女の使うハンカチを入れて出来上がりです。


c0360042_01250926.jpg


早速引き出しにセットしてみました。
幅を合わせて作ったので、サイズはぴったり!


この引き出しには三女の幼稚園用タオルや
外出時に使うハンカチ・ティッシュを入れています。

以前は、ケースに入れていなかったハンカチ類は引き出しの中で
バラバラになっていることが多かったので、すっきりしました!
良いサイズのケースが見つかるまでは頑張ってもらいましょう。

[PR]
by housework45 | 2015-06-25 06:55 | 整理収納(子供のもの) | Comments(0)

お菓子用お名前ペン導入

c0360042_2094214.jpg

お菓子用お名前ペンを導入した記事を追記しました。
リンクをクリックしていただいて、記事の下部にある「追記を読む」を
クリックすると読めます。

宜しければご覧下さい。

[PR]
by housework45 | 2015-05-12 22:00 | 整理収納(子供のもの) | Comments(0)
c0360042_1559853.jpg

1つ前の記事「お菓子の空き箱で鉛筆保管ケース作り」の続きです。

使っていくうちに分かったんですが、
鉛筆を取り出そうとして引き出しを引き出すと
写真の通り鉛筆が前に飛び出すことが分かりました。
この時点で4B、2Bの鉛筆ケースは対策を取っているの
で飛び出ていないのが分かると思います。
今回は完結編、という事で「鉛筆が飛び出さないようにするため」の
対策を紹介したいと思います。


c0360042_17203022.jpg


前回同様お菓子の空き箱を更に2箱用意して、
写真の様に縦半分に切ります。


c0360042_1559840.jpg


写真の様に箱の端の長い方、短い方を互い違いになるように並べ、
重ねます。この時鉛筆の長さよりも5ミリほど長めにして下さい。
(子供が指を入れて取り出しやすいようにするため)


c0360042_1559960.jpg


こんな感じで細長い箱の形にします。
テープで留めて出来上がり。


c0360042_15591028.jpg


4種類の鉛筆が飛び出さず、ちゃんと収まってくれました。

更に空いたスペースにテプラで鉛筆の種類をラベリング。
ちょっと文房具店っぽくなって、いい感じ!?(自画自賛(笑))

子供たちの驚く顔が楽しみです♪

[PR]
by housework45 | 2015-05-12 13:25 | 整理収納(子供のもの) | Comments(0)
c0360042_17202862.jpg

週末にほんの少し工作しました。
その引き出しの1つを子供たちの予備の文房具入れにしています。

左が引出の手前側になり、
消しゴム(小サイズ)、消しゴム(普通サイズ)、鉛筆各種を
収納しています。
サイズの違う消しゴムがあるのは、力の弱い低学年の子は小さい消しゴムを
使わせてあげて下さいという先生からのお願いがあって
次女(小2)に使ってもらっているからです。

このシステム自体は気に入っているし、子供たちも文具が無くなったら
ここから取り出してはくれるんですが、ただ一つ不満が…


c0360042_17202921.jpg


鉛筆類がぐっちゃぐちゃ~…。

長女は小5、次女は小2なので、必要とする鉛筆の濃さもそれぞれ。
ここにはB、2B、4Bの鉛筆と答え合わせに使用する赤鉛筆が雑多に
突っ込まれていました。

そのため、取り出す時も1本1本の芯の濃さを確認しないと
いけなかったり、鉛筆の在庫数もあいまいで子供たちから
「欲しい濃さの鉛筆が入ってないよ」と言われて慌てて買いに走ったり。

本当に些細な事なんですが、それが地味に気になっていて。


とはいえ100均やネットストアを探しても
「鉛筆をジャストサイズで引き出しの中に収納する」
というニッチな商品は売ってる訳もなく…。

今回は自作することにしました。


c0360042_17202780.jpg


使ったのは子供が開封した後のポッキーの空き箱。
こういった側面が細い空き箱ならどの種類のお菓子でもいけそうです。


c0360042_17203022.jpg


空き箱を2つ用意してそれぞれの蓋部分を切り取り、本体を縦半分に切ります。
切り口をセロハンテープなどで補強したら出来上がり。
引き出しの中で使用するものなので、外箱にデコを施すことも
しませんでした。簡単すぎる(笑)


c0360042_17203199.jpg


芯の濃さによってカテゴリ分けをして
上から4B、2B、B、赤鉛筆の順番に鉛筆を入れました。



c0360042_17203269.jpg


c0360042_17203251.jpg


写真では分かりにくいかも知れませんが、それぞれの鉛筆が
混ざることなく収納できました。
それぞれ10本ほどの鉛筆を入れていますが、高さもちょうど良い感じ。

2枚目の写真で分かりますが無印のケースに入れてみると鉛筆1本分
横の幅が余ったので、HBの鉛筆を入れて横幅のサイズを調整してます。

これだと在庫数も分かるし、子供たちも欲しい鉛筆をすぐに取り出せそうです。
はー、すっきりしたーー!


c0360042_17203047.jpg


文具をまとめて入れている場所に戻しておしまい!
適当なケースが見つかるまではこのまま使っていこうと思います。

買うだけでなく手元にあるもので工夫していくのも大事ですね。

[PR]
by housework45 | 2015-05-12 07:51 | 整理収納(子供のもの) | Comments(0)

name : yoko45 ◆◆◆ 関西在住。3姉妹(小5、小2、年中)の母です。家、収納、子供のおもちゃや絵本、ハンドメイドのことなど。


by yoko45