料理本も許容量を決める

レシピ整理シリーズ(勝手にシリーズ化(笑))、ラストです。
今までの記事たち。



週末にレシピ本棚の整理をしました。
左側に置いているのがレシピバインダーです。


c0360042_11542530.jpg

パントリーの一部を本棚にしています。
本棚代わりにしているのは
当時は高くて本当に思い切った買い物だったんですが、
これのお陰でパントリー内に料理本コーナーを設けることが
出来ました。


c0360042_11543085.jpg

料理本を集めるのが趣味だったんですが、
レシピ整理をする時に、買ったけれど余り活用できていない
料理本もリサイクルに出すことにしました。
逆に処分できないのは「おかずのクッキング」の月刊本。
土井先生のコラムが大好きなんです。

ともかく、今後レシピ本はこの本棚に収まる量を
許容量と決め、新しく増やす時は古い物を処分するようにします。


c0360042_11543256.jpg

リサイクルに出す本たち。
お世話になりました。
作ったことのある・今後も作るだろう料理のページは
写してレシピバインダーに移動させました。





おまけ。


c0360042_11542839.jpg
↑料理本コーナー全景


今度また改めて紹介はしますが、パントリー全景は
こんな感じ。使っているのは全て無印良品の収納用品です。
(右上に子供のエプロンが写ってますね(;´∀`))

ポリプロピレンケース・引出式・深型×4
ポリプロピレンケース・引出式・深型・仕切り付
ポリプロピレンケース・スチールフレーム・深型
重なるブリ材長方形バスケット・中


パントリー自体が奥行65cm、棚板の奥行55cmの
奥行が深すぎる棚でした。
今はこうして無印のケースを入れ、手前側の
空きスペースはレシピバインダーを置いたりして
活用してます。

この下部分が、子供たちのおやつコーナーです。





この記事を書く際に無印のサイトを覗いたら
ポリプロピレンケース・深型にホワイトグレーが!!
店舗限定だし、扱ってる店舗も少ないですが
いつか全国展開してほしいですね。
これならリビングに堂々と置けそう♪

[PR]
by housework45 | 2015-10-19 12:25 | 整理収納(キッチン) | Comments(0)

フォー・ハウスワークスの屋号で活動している兵庫県姫路市在住の整理収納アドバイザー。3姉妹の母です。2018年にアドバイザー活動開始。 ライター&フォトグラファー業も細々とやってます。HPは  http://forhousework.com


by 葉子