カテゴリ:子育て・家族のこと( 22 )

やってきました夏休み

やってきました夏休み。我が家の小学生たちも長い休みにわくわくしながら帰ってきました。夏休みに限らず長期休みになるとユウウツなのが「宿題しなさい」と子どもに声をかけないといけないこと。

また、言っても宿題をするまでに時間がかかってしまうことや宿題のやり残しがあったりすること。今回は、我が家では必ず長期休みの前に作成する宿題対策をご紹介します。


宿題一覧表


c0360042_19185508.jpg

私が必ず長期休みの前に作るのがこちらの【宿題一覧表】。学校から貰ってくる宿題一覧を、抜き出してマス目上にレイアウトして印刷したものです。ここに書いてあるのは以下の5項目

  • ドリルやプリントなど、ページ数で管理するものは通し番号
  • 本読みやピアニカ・リコーダーの練習など、日づけで管理するものは日づけ
  • 自由研究や工作などは、大きめのマスで
  • 【時間があったらやってみよう】のような特別課題の内容
  • 2学期の始業式の準備物

これを印刷して、リビングの隅の壁に貼るのが我が家の長期休みの風物詩。


c0360042_19185485.jpg



宿題の情報を共有すること


c0360042_19185463.jpg

この一覧表の何が便利かというと、

・宿題の進捗状況
・今日しなくてはいけない宿題の量
・やり残した宿題
・2学期の準備物

この全ての情報が「親子で共有できる」ということ。これ、本当に大事です。

この一覧表があるお陰で、子供は宿題の量が「見える化」されます。親も宿題の進み具合が分かるので、「宿題しなさい」と焦らなくなります。


c0360042_19185407.jpg

また、出来た宿題の部分はマス目を色鉛筆で塗ったりスタンプを押すようにしているので、それもまたやる気を引き出せている様子。

宿題が嫌な時は強制しませんが、宿題をサボる事でタスクが溜まっていくのも丸わかりなので、子どもが自発的に取り組むようになりますよ。



まとめ


大事なのは「すべての宿題」が「一瞬で見渡せる」ようにすること。

本当はカレンダーも用意して旅行やイベントなど【宿題をするのが難しい日】や【宿題が出来る残り日数】【どの週に自由研究や工作などを行うか】も「見える化」した方がいいんですが、その話はまた今度ということで。

毎日「宿題しなさい」と言うのがユウウツ…というママさんに、是非とも試して欲しいなーと思うライフハックです。


また、折角なら宿題がある程度できた時にご褒美を用意してあげると、より一層頑張ってくれるかも知れないですね♪

我が家は、宿題スタンプ25個で小さいアイスを渡しています( *´艸`)


親子とも、少しでも無理なく夏休みを過ごせますように。


現在募集中の講座


夏休み期間に入るので、親子のお片付けサポートのモニター様とオンラインコンサルを受け付けております。その他のご依頼にも出来る限りお応えしたいと考えておりますので、まずはホームページのお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。



兵庫県姫路市 整理収納アドバイザー
フォー・ハウスワークス 有本葉子




ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければ下の画像をクリックしていただけると嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ   にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ

[PR]
by housework45 | 2018-07-21 19:24 | 子育て・家族のこと | Comments(0)

子どもの靴たち


c0360042_04244168.jpg

我が家は、子ども達が普段履くスニーカーは1~2足と決めてます。靴箱があまり広くないため、それ以上増やしづらいということと沢山持っていても結局履くのはお気に入りの靴だけになってしまう、という理由から。

この履き方だと1学期間に1足(2~3か月に1足)履いて、ボロボロになった頃に新しい靴を買って古い物は処分という形になります。そして古い靴を処分する前には子どもに捨てるか捨てないか判断するようにしています。


三女の判断


今年の4月頃に新しい靴を買った際、三女に『古い靴が必要か、そうでないか』を聞いたら『残しておきたい』と答えました。

c0360042_04244039.jpg

ボロボロだし、穴も空きかけているのにこう答えるのには理由があるのかなと思って聞くと『外で運動するときとか、沢山歩くときは、履きなれた靴の方がいいから。』という、きちんとした理由でした。


『なんとなく』でもなく『かわいいから』でもなく。『いるかなと思うから』でもなく『捨てるのがもったいないから』でもない。


『残したい理由、使いたい理由』がきちんとしていたので、残すことにしました。その代わり、履いてないなと判断したらもう一度聞くことを約束して。


三女の判断、その結果


c0360042_04244168.jpg

新しい靴と併用して3ヶ月ほど経ちますが、三女は新しい靴と併用して古い靴もきちんと履いてくれています。下手したら、古い靴の出番の方が多いくらい?


私たちは日々、沢山のものに囲まれて生活しています。それをいざ処分しようとするとつい『もったいない』とか『なんとなく捨てづらい』と思って手離せないこともしばしば。だからこそ、こうして『残したい理由』をハッキリさせて、誰かに強制された訳でもなく古い靴も履いてくれているのは、子どもなりにちゃんと考えてくれているんだなと思った出来事でした。

【子どもだから】と勝手に判断せずに、まずは聞いてみること。残したいと答えた場合は『なんとなく』ではない、使い続けたい理由を聞いてあげると意外と子どもなりに考えていることが分かりますよ。

夏休み期間中にお子様のものを片付けようと考えている方は、是非ともお子さんに【残したい理由】を聞いてみてください。
…もちろん、その場合はお母さんも一緒に自分の物を残す時に『なんとなく』残しているものがないか確認するなど、親子で頑張って欲しいなぁと、アドバイザーとして願っています。

*ただし思い出のモノは別枠扱いなので『なんとなく』という理由で残してもらって大丈夫ですよー!まず片付けようとすると思い出のものから着手する人が多いけど、それは後回しで大丈夫ー!!



まとめ


c0360042_04244039.jpg
さてさて。

そんな古い靴ですが、履き続けてくれたお陰でさすがにボロボロになってきたので秋になる頃にに新しい靴を買い足してあげないといけないも知れないんですが。折角三女が決めたことなので、もう少しだけ見守ってあげようかなとも思う今日この頃です。


現在募集中の講座


夏休み期間に入るので、親子のお片付けサポートのモニター様とオンラインコンサルを受け付けております。その他のご依頼にも出来る限りお応えしたいと考えておりますので、まずはホームページのお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。





兵庫県姫路市 整理収納アドバイザー
フォー・ハウスワークス 有本葉子




ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければ下の画像をクリックしていただけると嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ   にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ


[PR]
by housework45 | 2018-07-20 04:40 | 子育て・家族のこと | Comments(0)

次女の上靴


c0360042_19583357.jpg

「上靴がキツくなったから、新しいのを買って欲しい」と次女に頼まれ、靴屋さんへ行きました。けれど、残念ながらお目当ての赤い上靴は無く、代わりに残っていたのは緑色の上靴のみ。上靴は注文がまとまってから発注となるらしく、赤い上靴が欲しいのならば夏休みまで我慢しないといけない。


その時、次女が下した決断は「もしこれを履いて何か言われても、私とあなたは違うから。私はこれが好きだから選んだのって言うから大丈夫。」と、緑色の上靴を買うことでした。

この発言を聞いていた店員さん、拍手喝采(笑)


大事なのは「自分」


c0360042_05542971.jpg

次女も小学校高学年となり、そろそろ周りの目も気になってくる頃。
けれど、注文した上靴が届くのを待つよりも、目の前の上靴が「本当に自分が妥協せずに履けるか」と、自分で判断しました。
私が思わず「大丈夫?他の女の子でこのカラーの上靴履いてる子、いるの?」と確認したくらい(;´∀`)

けれど、こうした「自分がどうしたいか」と思った時に誰の判断を仰ぐのではなく「自分の意見」を持てるのは、親バカかも知れないけれど凄いなと思いました。
そして、もしかしたら小さい頃から片付けをする際に私の意見を全面に押し付けるのではなく「あなたはどうする?」と、判断を子供に委ねていた部分も大きいのかも知れないな。
なんて少し、調子に乗ってみたり(笑)

きっと、「好きなもの、妥協せずに選べるもの」を選ばせていたから、こういった場面できちんと自分の意見が出てきたんじゃないかと思います。
整理収納は最終的には「自分軸探し」に繋がるのだと思います。

自分が「妥協せず」にモノを選べるようになるためにも、今持っているモノの見直しをすることは意味のあること。
「たかが片付け」ではなく、そこから養われる「自分が決めたことに自信を持つ」こと。それが片付けが隠し持つ最大の武器なのです。



その後


小学校にこの緑色の上靴を履いていった次女。
クラスの子にからかわれていたりしないかな…と心配していたら、『先生たちが似合ってるって言ってくれた―!』と、ご機嫌で帰ってきてくれました。
良かったね、嬉しいねぇ。


誰の意見でもなく、「わたしは私」と言いきれた次女が、ほんの少し眩しかった出来事でした。




兵庫県姫路市 整理収納アドバイザー
フォー・ハウスワークス 有本葉子




ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければ下の画像をクリックしていただけると嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ   にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ


[PR]
by housework45 | 2018-07-11 00:57 | 子育て・家族のこと | Comments(0)

c0360042_16175919.jpg

私の住んでいる地域では、小学校の校内大会として「将棋大会」が開催されます。
本日、三女が将棋大会へ参加してきました。

帰宅するなり発した一言が「相手の子に『反則だ』って言われて、負けた」そうで。

内容を聞くと、相手の子から【相手の陣地内で飛車を動かしているのに、飛車が成っていないのがオカシイ】と言われたそうで。しかし、公式ルールにはそんな決まりはありません。例外として桂馬、香車、歩兵など【成らないと相手の陣地内でそれ以上前方に進めない駒】の場合は、成る必要があります。成らないと駒を後ろにさがらせることができないから。



c0360042_16542776.jpg


大会には『我が家のマイルール』を持ち込む子供が結構います。

  • 王手をした時に「王手」って言わなかったから負け、とか
  • 相手の陣地内で飛車や角行を成らさなかったから負け、とか

そこに対抗するには【公式ルール】を覚えておいて、反論する勇気が必要になってきます。小学2年生の子にはそれは難しかったのかも知れません。

暫くの間、私もブーブー文句を言っていました。


c0360042_16314755.jpg

けれど、三女は泣き言は言いませんでした。
「だって、弱かったから」
「最近練習をしていなかったから」
「そのルールは間違ってるなー、と思ったけど相手の子に言わなかったから」

と、きちんと自分の弱さに負けたことを認めていました。
悔しくないなんて、そんなことないはずなのに。



けれど、小さな鼻を真っ赤にして泣くのを我慢していること。

泣いている顔を見られまいと、私から背を向けて、服の袖で小さく涙をぬぐっていたこと。


その姿を見た時、三女がきちんと「自分の気持ちの整理」をしようとしているのだと気が付いたら、何も言えなくなりました。



c0360042_16175919.jpg

今度の大会は、また来年。
「公式ルール」を覚えて、勇気を出してもう一度参加してくれますように。
相手のマイルールに負けない、強さを身に付けていられますように。


泣くのを我慢していた姿を見ても、お母さんは何も見ていないフリをしていたこと。
いつかどこかで、笑い話に出来ますように。


まだ小さいと思っていた三女が
「モノの整理」だけではなくて 
いつの間にか
「モノの整理」を通して
「気持ちの整理」も
出来る子になっていたんだと、
その成長に感心するしかなかった
そんな出来事でした。



兵庫県姫路市 整理収納アドバイザー
フォー・ハウスワークス 有本葉子




ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければ下の画像をクリックしていただけると嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ   にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ


[PR]
by housework45 | 2018-05-20 20:14 | 子育て・家族のこと | Comments(0)
「あー!お腹空いた!」と言って、長女が帰ってきました。
沢山の思い出と、沢山のお土産を買い込んで。


c0360042_07063633.jpg
↑みんなで食べたかったから、と買ってきてくれました
チョコ入りなのは長女の趣味です(;´∀`)



1泊2日の修学旅行はあっという間だったらしく、

「あと1泊くらいしてもよかったのにな」
「もっと友達と一緒に居たかった」

と文句を言いつつの帰宅となりました(笑)

母としては、
修学旅行を楽しんできてくれたこと、
それが良い思い出になったこと。
それが何よりも嬉しかったです(*^-^*)


 **********


帰宅後、

「お母さん、これ、おみやげ!」

と言って手渡してくれたのが、これ。


c0360042_07063148.jpg

ビーズと真珠が付いた、綺麗なブレスレットでした。

修学旅行生用なのでお値段はリーズナブルだろうけれど、
決して多いとは言えないお小遣いの中からやりくりして
これを買ってきてくれたのかと思うと、その心遣いが
とっても嬉しくて、ちょっと泣きそうに。 ;つД`)



夏に向けて華奢なブレスレットが欲しいと思ってたので、
早速愛用させてもらってます♪

私の手首のブレスレットを見て、

「お母さん、それ嬉しい? 嬉しい?」

と聞いてくる長女もワンセットですけど(笑)


そういえば私も母親が自分が渡したプレゼントを
つけてくれているか確認していたなと、遠い記憶を
思い出しました(^-^)




来週からは、本格的に学校の授業が再開します。
一緒に修学旅行を体験して、更に仲良くなったお友達と
勉強も頑張って欲しいな ( *´艸`)






本日は読んでいただきありがとうございました♪
また遊びに来てくださいね。




ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければ下の画像をクリックしていただけると嬉しいです(*'ω'*)
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ


にほんブログ村 子育てブログ 子育てライフへ


いつもありがとうございます♪

[PR]
by housework45 | 2016-06-04 07:56 | 子育て・家族のこと | Comments(0)

長女、修学旅行へ!

おはようございます。6月ですね。
今日から長女は修学旅行です。
今朝は若干寝坊してましたが(笑)
興奮し過ぎて眠れなかったそうです(;´∀`)


c0360042_09041086.jpg
朝ごはんは、持って食べられるので、おにぎらずにしました。
シラス、塩昆布、鮭フレークに炒りゴマを振った彼女の大好物!(*'ω'*)
元気に行ってらっしゃい!




昨日の晩は
「仲良しのお友達と隣の席になれたよ!」
と嬉しそうに話してくれました。


5年生の時は友人とのトラブルが絶えなかった長女。
原因は長女の友人との距離感が近すぎたせいみたいで。

「もう学校に行きたくない…」と言いながらも、
勉強は好きだからと、頑張って登校していました。

学年が変わり、クラスも変わって心機一転。
好きな趣味が合う友達も出来て、この前は自分たちで計画して
友達同士で修学旅行の準備品を買いに行く、なんてことも
出来るように。

トラブルを乗り越え、こうした学校のイベントを通じて
仲良しの子が増え、少しずつ友達との付き合い方や距離感を
覚えてくれたらいいな。

そして何よりもまず、元気で帰ってきてほしいと思います。



修学旅行は、割と短い1泊2日。きっと、あっという間でしょう。
明日の晩御飯は疲れて帰ってくる長女のために
彼女の好きな物にしてあげたいと思います。


  **********


余談ですが、修学旅行に持たせたボストンバッグはコールマンのもの。
80Lという、圧巻の大容量!
売切れが多いので、購入を検討されている方は
是非とも問い合わせてみてください。

  

 



昨年、長女が林間学校やキャンプで必要となったため
購入しました。最初見た時は「ちょっと大きいかな…?」と思いましたが、
最長の宿泊となった林間学校の4泊5日分の荷物を全部入れたら、着替えだけでパンパン!
最終日はこのボストンの中に山のような洗濯物を入れて帰ってきました。
うちの子には、やはりこの大きさで正解でした(;´∀`)
また、林間学校やキャンプでは上靴やサンダルも持って行く必要があったので、
靴を収納するスペースがあったのは本当にありがたかったです。


修学旅行は1泊2日ですが、クッキーなどの嵩張るお土産を買う可能性もあるので、
お土産で手荷物が増えるよりは、全部ボストンの中に収められるものがいいだろうと思い、
やはりこのボストンで行かせました。吉と出るか、凶とでるか!?


↓最初はレスポのラージウィークエンダーを使ってもらう予定でした。
 こちらも大容量でお勧め!




本日は読んでいただきありがとうございました♪
また遊びに来てくださいね。






ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければ下の画像をクリックしていただけると嬉しいです(*'ω'*)
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ


にほんブログ村 子育てブログ 子育てライフへ


いつもありがとうございます♪

[PR]
by housework45 | 2016-06-01 10:04 | 子育て・家族のこと | Comments(2)

地域のために動くこと

最近は、資料作りの機会が増えました。


c0360042_15502373.jpg

子供会の役員の中から選ばれる、割と重要ポストにくじ引きで当たってしまい、
毎日目がショボショボになりながら作業してます ;つД`)

書類を作っていく際に、「この書類があったら便利なのに」とか、
書類の中に体裁がきちんとしていないものも沢山あるので、
自分用の書類に書き直す際に、新しい書類を足したりとか、
手直しをしています。
(地域の組織故、そういった点は役員の裁量に任されてるみたいです)


こういった役職に就かなければ
子供達が安心して学校生活を送れるようにするために
駆け回っている大人がいた、なんてこと知りようがなかったでしょう。

でも、大変だけれど、これほどやりがいのある仕事もそんなにないでしょう。

c0360042_15502373.jpg
↑これは夫のノーパソ。
夫がデスクトップを使う時はこっちで作業します。



驚いたことに、ブログをやっていたお陰で
「誰かに分かってもらえるように文章を書く」
訓練が出来ていたようで、資料作りが捗る!
ブログをやっておいて良かったなと心底思いました(笑)




あと1年、せめて半年、いや2か月でいいから
現在抱えている大きな案件がひとまず片付くまで、
健康で元気に、走り抜けることができますように。





本日は読んでいただきありがとうございました♪
また遊びに来てくださいね。




ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければ下の画像をクリックしていただけると嬉しいです(*'ω'*)
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ


にほんブログ村 子育てブログ 子育てライフへ


いつもありがとうございます♪

[PR]
by housework45 | 2016-03-23 16:15 | 子育て・家族のこと | Comments(2)
捨てられない宝物が、また1つ出来ました。
小さい折り鶴です。

c0360042_10384406.jpg


実は先日、次女や三女が大切にしていたお菓子が無くなってしまうという出来事があって。
(我が家は子供のおやつは自分たちで管理させてるので、他の子のおやつもすぐに手に取れるようにはなってます)

関連リンク



些細なことではあったんですが、
状況を見たら、明らかに犯人は長女(´・ω・`)
けれど本人に聞いても「知らないよ!食べてないよ!」の一点張り。

でも、親の勘って大したものですね。
その話し方を見ただけで、多分そうだろうと分かりました。


気が付いたから、本人に「あなたがやったんでしょう」と責めるのは簡単。

けれど、そうしたら逆に頑なになって本心を言ってくれないかも知れないと思い、




「次女も三女も、楽しみにしていたおやつが無くなって悲しいよね」

「嘘をつき続けるのは、自分が苦しいよね」

「正直に話してくれないのは、お母さんたちも悲しい」

と、良心に訴える言い方をしてみました(笑)



すると段々と

「食べてないもん!」だったのが

「食べたかわからない」になり、

「食べたか忘れた」になり…。←訳が分からない(笑)





結局すぐには本当のことを言ってくれませんでしたが、

寝る前にテーブルを見るとこの折り鶴が置いてありました。


c0360042_10384406.jpg




背中には、こんな言葉が。




c0360042_10384711.jpg



白状したー!(笑)



夫と二人、これを見て笑ってしまいました。



その後、長女が次女や三女にもきちんと謝罪して、今回の話はおしまい。

多分、もう二度と同じ過ちは繰り返さないでしょう。

家庭内で収まってよかったこと、正直に話が出来たのは偉かったこと。

そして今回は「魔がさして」しまったこと。

けれど、それは皆が悲しむからもう二度としないように、伝えました。





「魔がさした」ことを許すのは親の心の余裕がないと、それは出来ないと思います。

今回も、私自身がもっとイライラしていたら、責めてしまっていたかも知れません。


けれど、子供が家庭内で収まるくらいの小さい過ちをしてしまったら、一度くらいは許してあげたい。

子供を許してあげることは、「この子はもう大丈夫」だと信じることでもあるから。


c0360042_10384406.jpg

この折り鶴は、長女からの「もうやらないよ」宣言だから、大事にしていきます。







本日は読んでいただきありがとうございました♪
また遊びに来てくださいね。




ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければ下の画像をクリックしていただけると嬉しいです(*'ω'*)
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ


にほんブログ村 子育てブログ 子育てライフへ


いつもありがとうございます♪

[PR]
by housework45 | 2016-03-19 11:25 | 子育て・家族のこと | Comments(0)
タイトル通りですが、三女がコマ無し自転車に乗れるようになりました。

少し自転車のサイズが三女にとって大きかったので、最初は怖がっていたので

私も主人も放置していて。


c0360042_13083532.jpg


私たちが家に入っている間に長女と次女が根気強く教えてくれていたらしく、

ものの30分ほどで乗れるようになっていました。



小さいころからストライダーが好きで乗っていたためか、

バランスの取り方は最初から凄かったです。

ペダルを漕ぐタイミングを計るのが難しかったみたい。



↓我が家にあるものと同タイプ。
 ハンドルと座面の高さを調整すれば
 1歳から5歳まで乗れます♪





自転車に一人で乗れる姿を見ると、ちょっと感動してしまうのは私だけでしょうか。

”一つ大人になった感じ” が凄くします。



そしてストライダーですが、自転車に乗れるようになったし

他の子にあげようかなと思って、それを三女に相談したら

「だいじだから、すてるのはだめー!」と言って

またストライダーに乗りはじめてしまいました(;´∀`)

暫くは併用しないといけないかな(苦笑)












本日は読んでいただきありがとうございました♪
また遊びに来てくださいね。




ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければ下の画像をクリックしていただけると嬉しいです(*'ω'*)
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ


にほんブログ村 子育てブログ 子育てライフへ


いつもありがとうございます♪

[PR]
by housework45 | 2016-03-10 13:42 | 子育て・家族のこと | Comments(0)
子供会の役員は本当に大変で。


保護者のワガママとか、陰口とか、

意見を一手に引き受けることになって

議論の矢面に立たされてしまうこともしばしば。



けれど、嫌われ者になる覚悟で意見をぶつけてきてくれる人もいて。

意見ばかりで嫌な人なのかと思い込んでいた人が

本当は誰よりも子供と子供会のことを考えて

陰で役員を支えてくれているんだとも知りました。




意見をしてくることを疎ましく思う役員もいるけれど

それが正論だった場合、感謝の気持ちで受け止める方がきっと大事。




子供会は子供たちのための組織。

親は協力してそれを支えていく。

子供たちが安心して元気に学校生活を送れるように。

考えの方向が少しズレていても、その根っこは変わらないはず。




1年間活動していく中で、そのうち全員が同じ方向を向いていけたらいいな。






くたくたになって帰ってきた日の晩御飯は、

簡単に作れる白菜と豚の重ね蒸し。

c0360042_01395405.jpg

冷めないうちにと、急いで食べたので写真は撮影し忘れました(笑)





家族と一緒に食べる御飯は勇気を与えてくれますね(*‘ω‘ *)

明日も頑張ろう!



本日は読んでいただきありがとうございました♪
また遊びに来てくださいね。




ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければ下の画像をクリックしていただけると嬉しいです(*'ω'*)
ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ


にほんブログ村 子育てブログ 子育てライフへ


いつもありがとうございます♪

[PR]
by housework45 | 2016-02-29 21:42 | 子育て・家族のこと | Comments(2)

フォー・ハウスワークスの屋号で活動している兵庫県姫路市在住の整理収納アドバイザー。3姉妹(2005年生、2007年生、2010年生)の母です。2018年にアドバイザー活動開始。 ライター&フォトグラファー業も細々とやってます。愛機は Nikon D3100


by 葉子