<   2018年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧


今日はブログはお休みします。

c0360042_18291767.jpg



インスタで少しだけ今日のことを書きました。



後日ブログ記事にしますねー( ´∀` )


兵庫県姫路市
整理収納アドバイザー

有本葉子

[PR]
by housework45 | 2018-01-30 18:26 | 整理収納アドバイザー | Comments(0)
エキサイト20周年企画で、【人生の3つの坂】についての記事の募集がありました。




そういえば【なぜ整理収納アドバイザーになろうと思ったか】をきちんと書いていなかったと思うので、この機会にアドバイザーになろうと思った【人生の3つの坂】について、書いておこうかなと思います。

先に書いておきますが、下り坂ばっかり…(;´∀`)



第1の坂:長女の言葉


c0360042_02013688.jpg

いまから7年ほど前のこと。
産まれたばかりの三女を抱えて、育児のイライラと言うことを聞いてくれない子ども達に手を焼いていた時期でした。

  • いくら言ってもおもちゃを片付けない
  • 出したら出しっぱなし
  • 次から次へと新しいおもちゃを出してくる

一緒に片付けても良かったんですが
「なんで私だけ綺麗にしないといけないんだ」と思ってしまい、
余計にイライラするループにはまっていたかも知れません。

ある時、いつものように子ども達に「早く片付けなさい!」と何度も怒鳴っていと、急に長女が叫びました。


「片付けなさいって言うけど、片付けってなにをすればいいの!分からないよ!」


c0360042_02015772.jpg

両手いっぱいにおもちゃを抱えて泣きそうになっていた長女の目を、忘れることができません。


【片付け】ってなんだろう。

普段よく口にする言葉なのに、いざ「何をすることなのか」と聞かれたら、きちんと答えられない自分に気がつきました。


そこから【片付け】について考えるようになったのが【第一の坂】です。



第2の坂:知識不足が悔しかった


c0360042_03084082.jpg

【片付け】について考えるようになり、雑誌を読んで自分なりに分かっていたつもりになっていた時期がありました。


そんな時、友人に「片付けが得意なら、私の家を一緒に片付けてくれない?」と頼まれました。特に深く考えず簡単に受けた依頼でしたが、いざ片付けを始めてみると本当に大変。


  • 時間内に終わらない
  • 相手が想像したように片付けられない
  • 自分の整理の基準を相手に押し付けてしまう


今の自分が見たら卒倒しそうなミスを、当時は平気でしてしまっていました。

しかも、後日に「実は、見つからないものがあってね…」と、その子から告白されました。「大したものじゃないから大丈夫だよ」と笑って許してくれたものの、そんなことをしてしまったことが辛くて。

  • もしかしたら、私が捨ててしまったのかも知れない。
  • 正しい知識があったら、傷つけずに済んだのかも知れない。


知識不足の自分が招いたことが悔しかった【第2の下り坂】です。


これが「整理収納」について学べる「整理収納アドバイザー」という資格があると知り、取得しようと考えるきっかけになりました。



第3の坂:向き合いきれなかった自分


c0360042_07091603.jpeg

【整理収納アドバイザー】と名乗って自分以外の方の整理収納をサポートする活動を行うためには、1級資格が必要です。
1級資格は筆記試験に加え【自分以外の方の整理収納作業を行ってレポートを作成し、20分間のプレゼンを行う】2次試験があります。


筆記試験に合格したあと、2次試験のため先ほどとは別の友人に「家を片付けさせて欲しい」と頼み、行かせてもらいました。
その時のその子が「片づけたら自分も変われるんじゃないか」という期待に満ちた目でこちらを見ていて、驚いたのを覚えてます。


  • 片付けって、苦手な人にとってはそんなに大きなことなのか。
  • もし片付けがうまくいかなかったとして、その責任を負えるのか。
  • 知識が乏しい自分が【片付け】を仕事にできるのか。


結果として片付けはうまくいき、私も2次試験にパスして【整理収納アドバイザー】になれたものの、その時にじっくりと向き合いきれなかった出来事が心に引っ掛かって、暫くの間仕事として向き合おうと思えませんでした。

これが、【第3の下り坂】




それでも伝えたい


c0360042_02013688.jpg

別の仕事もしていたんですが、頭の隅では「これは自分がしたいことなんだろうか」という想いがぬぐいきれませんでした。

  • やっぱり、整理収納のことを誰かに伝えたい
  • どこかに必要としてくれる人はいるかも知れない

そんなときに先輩の整理収納アドバイザーさんが主宰する講座に参加し、改めて「整理が好きなんだ」と気づいてからは活動を再開しようと前向きに考えるようになりました。



さいごに


c0360042_18115462.jpg

長々とした文章を読んでいただき、ありがとうございました。
私は過去の自分が情けなかったことを吹きとばしたくて、整理収納のことを誰かに伝えていきたいのかも知れません。


  • 「片付けって何をするの?」と聞いてきた長女
  • 他人の家の片付けの難しさを教えてくれた友人
  • 片付けは、相手と心から向き合わなくてはいけないと気付かせてくれた友人


【3つの下り坂】を経験した今なら、もう少し良い方向に話ができるかも。
そしてもっと知識を深めないといけないと、改めて思います。
ここから先は【上り坂】と【まさか】を増やせていけるように。



西本さんの言葉


最後に、エキサイト20周年企画のページに載っていた "自撮りおばあちゃん” こと西本喜美子さんの言葉を引用させていただきます。


"自分の好きなことをやりなさい、一生懸命やりなさいと言いたいです。
自分で一生懸命になれることを選んで、一生懸命やる。
その“気持ち”が大事なのだと思います"




私がいま好きなことは

  • 整理収納を伝えていくこと
  • 写真を撮ること
  • 文章を書くこと

西本さんの言葉を心に留めて【上り坂】と【まさか】を増やしていけるように、今年一年を頑張ってみます。





兵庫県姫路市
整理収納アドバイザー

有本葉子




エキサイト様、良いきっかけをありがとうございました。
エキサイト20周年企画~あなたの人生の3つの坂



「インテリア・収納」部門に応募します。







第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by housework45 | 2018-01-29 03:56 | 整理収納アドバイザー | Comments(2)

【高齢者の整理収納サポーター(基礎研修)】


c0360042_18584979.jpg

昨日は大阪で『高齢者の整理収納サポーター養成講座』へ参加してきました。

ひとは誰もが歳を取ります。
歳を重ねていくと、生きてきた分モノが多くなる。
それは当たり前のことで、決して片付けられないことを恥じる必要はないと思っています。

しかし、自分がこの先も家族に迷惑をかけることなく安心・安全に生きていくため『増えてしまったモノ』とどのように付き合っていくべきか。

それを学びたくて勉強してきました。


講座の感想


c0360042_18585072.jpg

ガッツリ7時間弱。久しぶりの座学は面白かったです。
3名ほど急に欠席になってしまったのは残念だったけど、その分講師の先生方とも濃い話が出来たし聞きたかったことも目いっぱい話ができたので大変満足!
整理収納アドバイザーが3人以上集まると、諸々話題が尽きませんね(笑)

ご高齢の方やシニアの方が整理収納に興味を持ってもらうためのアプローチは、本当に難しい。
けれども先生方の話を聞いていて、アドバイザーが知識と熱意と愛情を持って接すれば、もしかしたら心を動かせることもあるんじゃないかと思えるようになりました。

写真手前に写っているのは、先生からいただいた差し入れ。めっちゃ美味しかったです!



整理を行う意味


c0360042_10215004.jpg

【高齢者】や【シニア】と呼ばれる年齢になるほど歳を重ねていくと、急な病気や事故で入院することもあるかも知れません。
高齢者とは65歳以上の方を指すそうです。今回の講座で教えてもらいました。


高齢者となった時にトラブルが起こり、自分が家を空けることになったとします。

その際に家の中が整理されていないと、モノがあふれていてすぐに取り出しにくい、または貴重品の場所がうまく家族に説明できない、などのトラブルも怒りかねません。
実際周りでも家族の入院後に印鑑や通帳の場所が分からないなど、トラブルの話をよく聞くこと、ありませんか?


誤解されがちなんですが、『整理収納』を行うことは、家の中をスッキリさせて「使いやすくなった、過ごしやすくなった、気持ちいい」と感じるだけではありません

自分に何かが起こった時、ケアしてくれる家族(夫や子ども、親戚など)に余計な迷惑をかけないため、家の中のモノの居場所を把握しやすいように整理整頓・収納を心掛ける、
これも大事な整理の目的なんです。


身の周りにあるモノは、生きてきた暮らしそのもの。

食事も、衣服も、仕事も、趣味も、その方の暮らしを表しているもの。


モノが多いことを否定するのではなく、

「この先安心・安全に暮らすため」
「将来、家族に迷惑をかけないため」
「うまくモノと付き合うため」
【この先の未来に向けて】整理を行うことも、とても素晴らしい整理の目的になると思います。

この先の未来に向けた面から整理収納のメリットがあるのだということを、沢山の年代の方に伝えていけたらいいな。



でも、悔しい


c0360042_07091603.jpeg

講師の先生方の知識量と経験の豊富さに、改めて感動しました。何を聞いても的確な答えが返ってくる。それって凄い。
改めて自分には知識も経験も足りないなーと思って悔しくなりました。

整理収納は間口は広く、学べば学ぶほど奥が深い。
【暮らし】に直結しているからこそ、その考え方は色んな分野に応用できる、凄く研究しがいのあることだと思います。


だから自分には知識がまだまだ足りない。
それがもどかしい!もっと頑張るぞ!と決意を新たにした講座でもありました。
講師の先生方、良い刺激と気づきをありがとうございました。

また講座で会えますように!こう書いておけば会える気がします!(笑)



参考サイト


↓講師の清水先生のホームページ

↓ブログで講座のことを紹介してくださいました


↓講師の木村先生のブログ




お片づけは「焦らず、無理なく、少しずつ、根気よく、身近なところから」
兵庫県姫路市 整理収納アドバイザー
有本葉子




ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければ下の画像をクリックしていただけると嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ   にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ






第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by housework45 | 2018-01-27 18:44 | 買ったもの・お気に入り | Comments(0)

『かわいい写真が撮りたいの』


c0360042_01580035.jpg

本日紹介するのはコレ。
CanCam 2017年2月号です。こちらのハート型スマホライトを目当てに売切れ店が続出したという一冊。
セルフィーを撮影する予定もないのに、ついつい買いました(笑)

c0360042_01580104.jpg

その中で、スマホライトと同じくらい力を注いで特集されていたのが『私たち、可愛い写真が撮りたいの』というタイトルの【人目を惹く写真を撮影するテクニック特集】。

これが女性向けファッション誌の内容とは思えないくらい、【簡単なテクニックなのに魅せる】レベルが高くて、未だに雑誌ごと手元に残しては見返しているくらい参考にしてます。だって100ページ近くを割いていた特集で、しかも内容が濃すぎるんですよー。

c0360042_09360463.jpg



特集内容


撮影したいものに合わせて、それぞれ数ページずつ特集が組まれています。
インテリアや雑貨、ファッションアイテム、旅行写真、動物、夜景、などなど。盛りだくさん。

c0360042_09360402.jpg

写真を眺めているだけでも参考になります。


c0360042_09360309.jpg



更に上のテクニック


インスタ写真などで大事な【セルフィーの撮影方法】【撮影した後の写真の加工】についても細かく特集しています。びっくりするほど細かい。

それを頭に浮かべながら、友人のハンドメイド作家さんが作ったアクセサリを加工してみました。他の方の写真に比べたらまだまだですが、魅せ方ひとつで写真の印象って全然違いますよね。
アクセサリはAYA WORKSさんで購入したもの。大ぶりだけど落ち着いたものから、華奢なアクセまで幅広く作られてます。可愛いイヤリングが沢山あると教えてくれた、本当に素敵な作家さんです。通販も出来るので興味が沸いた方はインスタを覗いてみてください♪


c0360042_01580087.jpg





写真特集のムックが発売されました


実はこの特集のことは、少し前から記事にしたいなと思ってたんですが、1年近く前の雑誌なのでバックナンバーが取り寄せにくいので諦めていました。
ですが!なんと!昨年12月にこの特集を元にしたムックがCanCamさんから発売になったそうですよ!! スマホライトは付いていませんが、写真を可愛く撮影したい方には是非読んで欲しいなと思います♪

↓楽天市場(電子書籍版のみ)



↓アマゾンへのリンク(冊子で買えます)

これを読んで、更によい写真が撮影できるように、私も頑張ります。




兵庫県姫路市 整理収納アドバイザー
フォー・ハウスワークス 有本葉子




ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければ下の画像をクリックしていただけると嬉しいです(*'ω'*)

ブログランキング・にほんブログ村へ   にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ




「くらし」部門に応募します。




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by housework45 | 2018-01-26 09:57 | 買ったもの・お気に入り | Comments(0)
昨日は、ブログの更新はお休みしてました。
来て下さった方、本当にいつもありがとうございます。


A4コピー用紙でCDケースを作る


お世話になっているSさんから頼まれたのでプレゼント用でCDを作り、それを入れるCDケースをA4コピー用紙で作りました。

c0360042_01075510.jpg

プレゼント用のCDをただ渡すのではなく、こうするとほんの少し素敵に見えるよ、という作例になればいいな。

作り方画像はこちらを参考にしました。(画像は秒間SUNDAY様 よりお借りしました)

c0360042_10071656.jpg


今回はレーベルも作りました。

c0360042_01100097.jpg


↓アップの写真
c0360042_10191771.jpeg

使った写真は先日の人参の葉の写真ですけども~(*´з`) 多分バレない…と思う(笑)


c0360042_01104878.jpg



↓人参の葉の写真の元ネタはこちら



消しゴムはんこをラッピングに


紙袋がさみしかったので、自作の消しゴムはんこも押してみました。スタンプの色が混ざってるけどいいです。
Sさんすみません(笑) 

c0360042_10192809.jpeg

こういったCDケースも、100均などで不織布のものを売っていたりしますが、少量だけ必要な場合は覚えておくと便利な技だと思います~。



娘の小学校がインフルエンザでばたばたと学級閉鎖になっているようです。
今日もさーむーいーでーすーよー。皆さまもどうかお気をつけてー。



参考サイト


面白ニュースさん

↓データCD、写真をCDに焼いて渡す際にもお使いください


Photo Pierre

上記のやり方の他に6種類のCDケースを作る方法を紹介しています。
でも結局、上記の折り方か、最初に紹介しているPhoto Pierreオリジナルが一番使い勝手が良いかも。


【無料印刷素材】お洒落な包装紙・ラッピングペーパーまとめ

ここから英字新聞の素材を探して印刷しました。他にも可愛い素材がたくさん。



兵庫県姫路市 整理収納アドバイザー
有本葉子


インスタグラムもやってます




「インテリア・収納」部門に応募します




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by housework45 | 2018-01-24 01:07 | 料理・お菓子作り・ハンドメイド | Comments(0)
c0360042_15063073.jpg

先日購入した、地元の八方美米・八方美菜さんから購入した白にんじんと、白にんじんの葉。




ハムサラダと、ジャガイモポタージュの一部として使いました。どちらもすごーく美味しかったです。
でも、白にんじんを普通に茹でた時の甘みが大好きなのに、サラダを作る時の癖で塩を降ってしまったのでしょっぱくなったのが残念。
次回は温野菜サラダにしようと思います。

c0360042_14082195.jpg

c0360042_14083668.jpg


ポタージュはとても簡単で、5人分だとこれくらいの分量。

(材料)5人分

  • ジャガイモ3個
  • 玉ねぎ半分
  • コンソメキューブ1個
  • 水500~600cc
  • 今回は人参の葉を1本分
  • 塩胡椒 少々

細かく切った材料をコンゾメを入れた水に入れて火にかけて煮て、柔らかくなったらブレンダーでガーっと潰します。お好みでバターを入れたり、牛乳や生クリームを入れても。今回は人参の葉が思った以上に濃くて、緑色になりましたが、それもまた良し。

あっという間に無くなりました。一気に無くなると、いっそ清々しい(笑)

c0360042_14083668.jpg


あとは、にんじんの小さい葉が少しだけ余ったので、デュラレックスピカルティーに生けてみました。

c0360042_14083687.jpg

寒い時期なので緑色が恋しくて、小さくても元気な葉に癒しを貰ってます。
冬野菜は味がぎゅっと詰まっていて大好きなんですが、それでも寒いのは少し苦手かも…。




冬の野菜を食べて元気をもらって、春を待とうと思います。






お片づけは「焦らず、無理なく、少しずつ、根気よく、身近なところから」
兵庫県姫路市 整理収納アドバイザー
有本葉子




ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければ下の画像をクリックしていただけると嬉しいです(*'ω'*)

ブログランキング・にほんブログ村へ   にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ








第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by housework45 | 2018-01-22 17:11 | 料理・お菓子作り・ハンドメイド | Comments(0)

想いをつなぐ鉛筆削り


以前にも記事にしたことがありますが、中島重久堂さんが作られている「TSUNAGO」という鉛筆削りが、本当に素晴らしいので再度紹介します。

c0360042_20585379.jpg

この鉛筆削りのコンセプトは「想いをつなぐ鉛筆削り」。短くなった鉛筆を繋ぎ、長い鉛筆に生まれ変わらせることで使い続けてもらおうという製品です。
記事の中ではTSUNAGOの使い方も説明してます。良かったら読んでください。


↓TSUNAGOの紹介記事



短くなった鉛筆は書くことを頑張った証。
その鉛筆たちをただ捨てるのではなく、こういった形で長く・永くお付き合いできるようにすることは素敵ですし、お子さんに「物を大事にする」気持ちを目の前で見せてあげられるのって、凄く大切なことだと思います。

新学期も近づくので、進学・進級の御祝としてもいかがでしょうか♪

c0360042_20592744.jpg



Special Item


TSUNAGO(中島重久堂公式HP)

製品は東急ハンズでも販売しております。当初よりは買いやすくなったのかな?



楽天市場でのお取り扱い


TSUNAGO本体のみ




ペンシルホルダーセット

小さいお子さんの力でも削れるホルダーのセット



ペンシルホルダーのみ

本体を既にお持ちの方は、こちらを。私も買おうかなー。




おまけ


なぜ今回この記事を再掲しようと考えたかと言えば、つい先日うちの長女が気まぐれに部屋の引き出しを整理したらしく「これ、使わなくなったからあげる!」と大量の鉛筆をリビングに持ってたからという…。

c0360042_12104393.jpg

ほぼ全ての鉛筆が短いので休日を利用してせっせと削っています。ボンドで固定して繋げるのは子供たちに任せました(笑)
繋げば子ども達は使うので、頑張りまーす。

c0360042_12104334.jpg



お片づけは「焦らず、無理なく、少しずつ、根気よく、身近なところから」
兵庫県姫路市 整理収納アドバイザー
有本葉子




ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければ下の画像をクリックしていただけると嬉しいです(*'ω'*)

ブログランキング・にほんブログ村へ   にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ






第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by housework45 | 2018-01-21 12:22 | 買ったもの・お気に入り | Comments(0)


c0360042_15063181.jpg

今朝の朝食。
カンパーニュをスライスしてサンドイッチにしました。

中身は里芋を焼いたものをスライスしてピザチーズと一緒にフライパンで焼いたもの。あとは、ニンジンの葉をオリーブオイルで炒めてハーブソルトで味付けしてます。

人参の葉は炒めると春菊のようなクセがあるので、美味しいけど苦手な方は味の強いものと一緒に食べるのがおすすめです。我が家ではポタージュスープにもよく利用します。栄養価も高いし、美味しいですよー。

c0360042_15063073.jpg

人参の葉は、姫路市内でも移動販売を行っている八方美米・八方美菜さんの白にんじんに付いていたもの。上の写真は人参2本分の葉ですが、たくさん生えていたので、サンドイッチの具材にしてみました。


里芋は土を洗い落とした後に皮ごと加熱すると、皮があっさりむけるのでお勧めです。わがやは手持ちのダッチオーブンで焼いてますが、レンジにかけたり、アルミホイルに包んで魚焼きグリルで加熱しても、そこはお好みで。



c0360042_15063189.jpg

白にんじんの本体は、ストウブ鍋に入れて無水状態で蒸し焼きに。
この白にんじんは、何も味付けしていないのにグラッセかと思うほど甘くておいしかったです。


c0360042_15063000.jpg

こちらも、一緒に買った手作り味噌。ハラペーニョ、自家製ニンニクをじっくり炒めたものを3年熟成させた味噌と炊いて作られたもの。ご飯が進みすぎて大変です…。



今週末から、ちょっと忙しくなるので、野菜を食べてエネルギーチャージして乗り切りたいと思いまーす。


Special Item


八方美米八方美菜

フランクな店主さんが野菜の移動販売を行ってます。
「野菜を作った方から直接購入できる」のは凄く楽しい。




お片づけは「焦らず、無理なく、少しずつ、根気よく、身近なところから」
兵庫県姫路市 整理収納アドバイザー
有本葉子






ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければ下の画像をクリックしていただけると嬉しいです(*'ω'*)

ブログランキング・にほんブログ村へ   にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ






第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by housework45 | 2018-01-20 15:30 | 料理・お菓子作り・ハンドメイド | Comments(0)
昨日は時間があったので、土井善晴先生の「一汁一菜でよいという提案」を再読していました。
出版された当初「これでいいの?」「これでいいんだ!」と議論と感動を巻き起こした一冊。

c0360042_11381931.jpg

土井先生は「この本は『一汁一菜だけ作ればいい』という意味ではないです。『一汁一菜でもいいんだ』と考えたら、お母さんの『家族に栄養のある食事を作らなくてはいけない』と思う肩の荷が下りるでしょう。そして気持ちに余裕がある時は、おかずも作るといい。『おかずも毎日作らないといけない』 という考えにとらわれてご飯が楽しくなくなるのが一番よくない」と仰っていました。


「今日も食事を作らないといけないのか…」と思って気持ちが重くなってしまうお母さん方に、是非読んで欲しい一冊。


c0360042_10105749.jpg

こちらは土井先生の番組「おかずのクッキング」のムック本です。この2冊は、私にとって食生活の見直しをさせてくれました。
乾物ってこんなに簡単に食事に取り入れられるんだ、食事は一汁一菜で良いんだと教えてくれました。

多分、この【あたらしい一汁一菜】の特集が、先ほどの「一汁一菜でよいという提案」に繋がっていったんじゃないかなぁと。
私は土井先生の提案された味噌おにぎりが大好きです。簡単だけど、本当に美味しい。発酵食品は身体を元気にしてくれることが、よくわかる一品。



c0360042_10105768.jpg

ついでに、先ほどの【乾物を使いこなす】に掲載されていた土井先生のひじきのバター炒めも好きなんだけど、先日友人にそれを話したら「ひじきを!バターで!炒める!?」とびっくりされました(笑) 
土井先生は食パンに乗せちゃうって書いてました。美味しいんだよー!




関連サイト


家庭料理のおおきな世界(ほぼ日刊イトイ新聞)

『一汁一菜でよいという提案』の関連の対談の中で、一番好きです。


ひじきのバター炒め レシピ

こっちはまぁ、勇気のある方は是非(笑)



整理収納は『家の中を整えること』、良いものを食べることは『身体の中を整えること』。
関係が無いようで、実はつながっています。

もしも疲れて食事作りが辛くなった時は『今日はご飯とお味噌汁でいいや』。この言葉をお守りにして、食事を作ろうと思います。



お片づけは「焦らず、無理なく、少しずつ、根気よく、身近なところから」
兵庫県姫路市 整理収納アドバイザー
有本葉子




ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければ下の画像をクリックしていただけると嬉しいです(*'ω'*)

ブログランキング・にほんブログ村へ   にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ



「暮らし」部門に応募します。




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by housework45 | 2018-01-19 10:22 | 料理・お菓子作り・ハンドメイド | Comments(2)

Kakudo45°バターケース

Kakudo45° バターケース


c0360042_11435982.jpg

我が家のバターケースは、デザイナーの大治将典さんと高橋工芸さんがコラボして作られた、Kakudo45° バターケース(ウォールナット)。
無垢材をくり抜いて作られたその形は、本当に美しいなと思います。
ひとつの引っ掛かりの無い丸みを帯びたケースが大好きで、冷蔵庫から取り出すたびに触ってしまうほど。また、木の持つ保湿効果のお陰か冷蔵庫から出してもバターが固くなっていなくて、ほどよく柔らかいのもお気に入り。



特徴


c0360042_11382014.jpg

c0360042_11382015.jpg

このバターケースの最大の特徴の一つとして、内部の四隅もアール型で丸みを帯びているところ。バターがケースの隅で固まらず、子どもでも最後まですくい取りやすい。本当に些細なことではありますが、快適にバターを使うのにこれ以上の工夫は無いのかなと思います。


【Kakudo】と名前が付いている通り、最大の特徴が蓋と本体が合わさる部分に45度の【角度】が付いていること。これによって片手でも蓋が簡単に閉められます。子供でも大丈夫。

c0360042_11382034.jpg

付属しているバターナイフも、先端が薄いのに綺麗にバターをすくい取れるのでおすすめ。

c0360042_12021325.jpg

このバターケースは「贅沢だよなぁ、どうしようかな」と迷いながらも本当に思い切って買ったものですが、朝はパンを食べることが多いのでこのバターケースを使う度に「買って良かった」と惚れ惚れします。


前の記事からちょこちょこ書いてますが【自分の目で吟味して選んで購入したもの】は、値段に関係なく、きっと何年経っても飽きることは無いと思いますよ。折角買って使うなら、妥協せず自分が「大好き!」だと使って満足できるものを選んで欲しいなと思います。



Special Items


c0360042_11435982.jpg
Kakudo45° butter case (高橋工芸)/ Fabric of the day KIRO(scope)/
eeva obal plate(scope) / 



Kakudo45° バターケース(高橋工芸)





高橋工芸



大治将典さん(デザイナー)

エエヴァ オーバルプレート(scope)

Fabric of the day KIRO(scope)





兵庫県姫路市 整理収納アドバイザー
有本葉子




ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければ下の画像をクリックしていただけると嬉しいです(*'ω'*)

ブログランキング・にほんブログ村へ   にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ


「インテリア・収納」部門に応募します。




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by housework45 | 2018-01-18 12:58 | 買ったもの・お気に入り | Comments(0)

フォー・ハウスワークスの屋号で活動している兵庫県姫路市在住の整理収納アドバイザー。3姉妹の母です。2018年にアドバイザー活動開始。 ライター&フォトグラファー業も細々とやってます。HPは  http://forhousework.com


by 葉子